株・家計管理

20代30代から考える老後。私の4つの長生きリスク対策

こんにちは、ふゆです。

 

人生100年時代と言われている昨今、まだまだ老後は先のことだと思っている20代30代の人も漠然と不安があるのではないでしょうか。

アラサーの私もその一人。

老後のイメージはなかなかできないものの「お金足りるかな・・・」「いくら貯金すればいいのかな・・」なんて思ったりします。

どうせ100年生きるなら、お金に困らず、それなりに楽しんで生きたい!!

そこで今回は、アラサーだしまだまだ老後のことなんてわからないけど、自分なりに老後や長生きリスクについて考えていきたいと思います。

何歳まで生きるかわからない。だから貯金はいくら必要かはわからない。

老後の資金はいくら必要か。

「1000万円で十分!」「3000万円必要!」「5000万円あっても足りない!」などなど、老後のために貯金をいくらするかは、様々な説がありますよね。

 

そもそも何歳まで生きるかわからないので、貯金はいくら必要かなんてわかりません。

70歳ぐらいまでなら1000万円ぐらいでもなんとかなりそうな気がするけど、100歳まで生きるなら5000万ぐらいはいるかもしれない。

 

そう考えると、いくら貯金しようが老後の心配って消えないような気がします。

20代30代にとって老後は先の話。まずは子供の教育資金などを優先、そして今を楽しむ!

アラサーの私にとって老後は30年以上後の話。

この30年の間に何があるかなんてわかりませんよね。

今から30年前なんて、携帯もスマホもない時代。こんな時代になるなんて想像もつかなかったと思います。

国の制度だって変わる可能性があるし、年金の支給額だってどうなるかわかりません。

もしかしたら私は生きていないかもしれないし、宝くじを当てて大金持ちになっているかもしれません!

 

また20代30代って、結婚したり子供ができたり家を買ったり、多くのライフイベントが待っている年代だと思います。

なのでまずは結婚資金や教育資金、住宅資金を優先して貯めていけばいいと思います。

私の場合は教育資金。(2人の子がいます)

家も欲しいので住宅資金も貯めたいけれども、教育資金に影響がない程度の家が持てたらいいなと思っています。

先のわからない老後のことよりも、近い将来来るイベントのために貯金したほうがモチベーションにもなりますよね!

 

老後はまだまだ先の話。必要以上に老後の心配はしない!

それに「老後にたくさん旅行行くぞ♪」と思って頑張って貯金していても、病気になって旅行に行けないかもしれませんし、元気がなくって趣味をする気力もないってこともあり得るかもしれません。

そう考えると若くて元気があるうちにやりたいことはやっておきたいと思います!

私の長生きリスク対策

20代30代にとって、老後資金の優先順位は低くてもいいと思うのですが、でもやっぱり全く何もしないということは不安です。

今から無理のない範囲で対策をしていけば、将来少しは楽になるかもしれません。

アラサーの私が現在行っている長生きリスク対策・・・といってもそんな大したものではありませんが、老後のためなるかな?と思うことをまとめていきます。

月5万円の配当金を目指す

現在私は株式投資を行っています。

投資歴はまだまだ浅く、保有株数も少ないですが、高配当株や株主優待株を中心に保有数を増やしていき、将来は月5万円の配当金を得たいと考えています。

 

老後の資金のために、現金(預金)で貯めていても、利息はわずかなものです。

老後資金を株で保有しておけば、配当金がもらえ、それが生活の足しになると考えています。

月5万円のプラス収入があれば、ちょっとは生活にゆとりがでるかな~なんて思っています。

関連記事⇒22年後に月5万円の配当金を得るためにはいくら投資すればいいのか

0歳の子供が社会人になって自分の手から離れていくであろう22年後ぐらいまでには月5万円の配当金を得たいと考えています。

その計画について詳しく書いてある記事です。

月5万円の配当金を得るためにはいくら投資すればいいのか【22年計画】こんにちは、ふゆです。 配当金生活。憧れますよね。 でも生活できるほどの配当金をもらうことは難しいけど、月5万円ぐら...

 

上記関連記事に詳しくあるのですが、単純計算で2000万円分の株を保有していれば、月5万円の配当金が得られるという結果になりました。(配当利回り3%として)

株式で2000万円貯めれば、月5万円の配当金+株主優待がもらえるので、何も生まない2000万円よりも、配当金や優待品を生み出す2000万円のほうが、老後資金で同じ2000万円を貯めるのならばいいと思っています。

でもあくまで元本保証のない投資なので、こんなに上手くいくとは限りません。

数十年後、世界が大不況だったら、株の価値が下がりに下がっていく可能性だってありますので、他にも対策しておく必要はありそうです。

60歳払い込み済みの医療保険に加入している

私は60歳で保険料の支払いが終了する医療保険に加入しています。夫も同じタイプの医療保険に加入しています。

支払いが終了しても、補償は終身なので、一生涯続きます。つまり、長生きすればするほどお得です。

60歳払い込み済みタイプなので、終身払いの医療保険と比べるとその分保険料は割高です。

でも60歳以降は保険料を払わなくても、一生補償があると思うと少し安心できますし、心強いです。

おそらく一生のうち一度ぐらいは手術や入院をすると思うので、一回ぐらいは保険が役立つかな~なんて思っています。

 

貯蓄があれば、医療保険の加入は必須ではないと思いますが、私は少なくとも安心できるし、小さな病気はともかく大きな病気になって継続的な治療が必要になったときに十分な貯蓄がない(教育資金などから治療費を出したくない)ので、医療保険には加入しています。

退職しても収入を得られるようになる

私は現在会社勤めをしています。

会社員であることは厚生年金に加入できるということなので、それだけで老後対策にもなると思っています。なのでできるだけ辞めずに会社員でいようと思っています。

でも定年退職と同時に収入ゼロ。年金だけが頼りという状況は避けたいと思っています。

 

現在20代30代の人が定年を迎えることは、もしかすると定年は70歳、80歳、なんてことになっているかもしれませんが、私はできるだけ60歳までには退職したいです。

少しでも長く働くことが一番の長生きリスク対策ではないかと考える一方、そんなに働きたくないという想いもあります。

なので、自分の好きなこと、楽しいことで稼げるようになれば最高だなと思います。

そのためにも、今のうちから興味のあることはどんどん挑戦して、資格を取ったり、自己投資していくことが大切かなと思います。

 

私は現在ブログという方法で楽しく収入を得ることに挑戦中です。

決して長生きリスク対策のためにブログを始めたわけではないです(笑)

広告を貼っているので、収入になればいいな~とは思っていますが、趣味や自分磨きの部分も大きく、無理なく長く続けていきたいなと思っています。

 

数十年後も現在のようなブログのシステムがあるかはわかりませんし、そこまで続けられるかもわかりませんが、ブログをすることによって

  • 多少なりとも収入が得られる(かもしれない)
  • 文章を書くことでボケ防止になる!?
  • 更新することで離れて住む子供たちは生存確認できる

などなど、老後の趣味・仕事としては最高ではないかと思っています!

「ふゆばあちゃんの知恵袋」「ふゆばあちゃんのボケ防止日記」みたいなブログをやれたら楽しそう(^^)

 

ブログの他にも料理も好きなので、食関係で楽しくお仕事ができるようになれたらいいなとも思っています。

好きなことで稼ぐ。少額でいいから自分のペースで稼ぐ。それが老後の生きがいにもなるかな~なんて思うのです。

健康第一!!

とにかく健康第一!健康でいることがなにより大事だと思います。

健康ならば働くことができるし、医療費もかからない。

健康でないと、100歳まで生きても楽しくなさそうです。

老後も旅行にも行きたいし、孫たちと元気に遊びたい!

 

20代30代ってそれほど健康に気を付けているひとは少ないかもしれません。

私もちょっと前まではそうでした。

でも今はかなり健康に気を付けています。

きっかけは子供が産まれたことと、夫が病気になったこと。

家族が健康になってほしいと願う一方、私まで病気になったらかなりヤバい!という自覚があるので、健康には気を付けています。

特に食生活に気を使っています。

 

関連記事 健康的な食生活に関する記事も書いています。

無理なく続けられる健康法!米麹を食生活に取り入れよう【塩麹、醤油麹、甘麹】

体にいい麹を食生活に取り入れています。

ゆる砂糖なし生活のススメ~無理せず砂糖の摂取量を減らそう~

料理に砂糖は使用していません。

超一流の食事術とは?読んだ感想と実践できそうな事まとめ

私が健康的な食生活に目覚めたきっかけにもなった本です。

まとめ:長生きするなら健康で楽しく生きたい

今回は老後について考えて、自分なりの考えをまとめてみました。

どうせ長生きするのであれば、健康で元気で楽しく生きたいですよね。

そしてお金はやっぱり大切・・。

 

20代30代の今から必要以上に老後の心配をしなくてもいいかなと思う反面、できる範囲で無理なく対策をしていく必要があるなと思いました。

この記事が少しでも老後について考える参考になれば幸いです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です