食生活

低温調理器を買うなら鍋の深さに注意!BONIQ買ったけど鍋に困った話

こんにちは、ふゆです。

最近低温調理器のBONIQを購入しました!

私は大きな鍋を持っていたので、BONIQと一緒に鍋は買わなかったのですが、まさかの鍋の深さが足りない!という事態が発生。

低温調理を行う時に必須の鍋の深さについてまとめましたので、低温調理器を買おうと思っているけど家の鍋でできるかどうかお悩み中の方の参考になれば幸いです。

低温調理器BONIQとは?

私が購入した低温調理器はBONIQという日本で唯一の低温調理器専門ブランドです。

低温調理器は海外ブランドが多いのですが、日本のブランドのBONIQは説明書やガイドブックはもちろん日本語なので安心です。

 

家にBONIQが届いて思ったのが、

ふゆ
ふゆ
想像より大きい!!

という点。

それでも私の持っている鍋も大きいので大丈夫だろうと思っていました。

低温調理器 BONIQ 公式サイト

鍋の深さに要注意!

ちなみに私が使おうと思っていた鍋はこちら☟

BONIQはクリップを鍋に挟んで固定するタイプなのですが、クリップの位置に届かない・・・!

ふゆ
ふゆ
 クリップが銀色のところにありますが、本当は白色のところまでクリップがなくてはいけないのです・・! 

銀色の部分でもクリップは挟めましたが、安定しなさそうだったのでやめておきました。

低温調理器はこの赤い鍋で使う気満々だったのでかなりショック!!(*´Д`)

 

慌てて家にある一番深い鍋を探しましたが、まさかの鍋のフチが反っているものだったのでクリップが挟めず( ;∀;)

斜めにすれば使えそうでしたが、これも安定しないのでやめておきました。

どうやら私が思ったより低温調理器BONIQで使う鍋の深さは深いよう。

この写真の鍋ってそんなに深そうに見えなかったので、てっきり家にある鍋で十分だと思っていました・・。

 ちょっとぐらい鍋の深さが足りなくても何とかなった

家にある鍋では深さが足りなかったので、近くに実家から一番深い鍋を借りてきました。

実はそれでも少し深さが足りなかったのですが、何とかなりました。

 

BONIQのクリップは取り外しが可能で、下にずらすこともできます。

こんな感じ☟

ちょっと正式なクリップの位置より少し下にずらしているのが、写真でわかりますでしょうか・・?(ちなみに写真に写っているのは卵です)

さすがに銀色のところまでは下げるのは自粛しましたが、少しぐらい下にずらしても問題なく使えました。

クリップは少しずらしても使えましたが、やはり定位置よりは安定しないと思うので、ご注意ください。

またBONIQは1年保証が付いていますが、正式な使い方をしても壊れた場合のみです。クリップをずらしてもいいとも悪いとも書いてなかったので、もしこのやり方で壊れた場合保証対象になるのかは分かりかねます。試す場合は自己責任でお願いします!

何センチの深さの鍋なら大丈夫なのか

結局鍋の深さは何センチのあれば大丈夫なのか・・といいますBONIQの場合は

15㎝です!!

なぜかと言いますと、BONIQのHPで販売されている鍋の深さが15㎝だからです。

実際に計ってみました!

クリップを挟むところまでが約15㎝でした!ちなみにクリップの定位置までは約21㎝。

私が実家から借りてきた鍋は14㎝ちょっとだったので、ギリギリなんとか使えた模様。

はじめ使おうとしていた赤い鍋は12㎝ぐらいしかなかったので、さすがに足りなかったです!

あまり深すぎる鍋だと水(お湯)をたくさん入れなくてはいけなくなるので、15~16㎝ぐらいの鍋が最適かなと思います( *´艸`)

鍋の深さが心配ならばBONIQ専用鍋を買ったほうが無難かも

BONIQでは本体以外と一緒にBONIQを使うために作られた鍋も販売しています。

お値段は6,980円(税別)で深さ(高さ)は15㎝です。

デザインもかわいい鍋だったので、一緒に買えばよかったと思っています・・。

ちなみにBONIQを立てておくスタンドもかわいかったです。

BONIQ本体と一緒に買うときに20%オフという表示が出たのでちょっと迷ったのですが、やめてしまいました( *´艸`)

色はアーバンアッシュとスモーキーブルーです。名前からは色の想像ができませんので、公式サイトでチェックしてみてください(*´Д`)

低温調理器 BONIQ公式HPをチェックする

 

ふゆ
ふゆ
私と同じ失敗をする前に家にある鍋の深さを測ることをおすすめします!

 

とはいえ、低温調理器BONIQ。

柔らかいお肉(特に鶏むね肉!)が簡単にできますし、おすすめ調理器です!

私の食に対する考え方

健康のためには”体にいいもの”を食べて”体に悪いもの”は食べたくない。

でも、美味しいものだって食べたい。楽もしたい。

そもそも何が本当に体によくて、何が体に悪いのか、よくわからない。

なので私は楽しみながら、できる範囲で、自分か”体にいい”と思っている食べ物を食生活に取り入れています。

私の食に対する考え方こんにちは、ふゆです。 このブログで食生活に関する記事をよく書くようになったので、ここでは私の食に関する考え方や食生活に取り入れて...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です