食生活

子供の成長におすすめの飲み物は?野菜ジュース?青汁?一番はやっぱり・・

こんにちは、ふゆです。

私には1歳と3歳の子供がいます。

子育ての悩みの1つとして「子供の食べムラ」があります。

お菓子が大好きで、ご飯をあまり食べない時もあるんですよね~・・

せっかく栄養バランスを気にしながらご飯を作っても、食べてくれない・・。毎回「食べなさい!」と怒るのも疲れる・・。

食べムラのある子供、あまり食べない子供に飲み物で栄養補給ができるなら、うれしいですよね。

そこで子供に栄養補給のために飲ませたい飲み物はないかな?以下の飲み物について調べてみました。

  • 野菜ジュース
  • 青汁
  • 牛乳や豆乳
  • お茶

 

同じく子供の食べムラなどにお悩みの方の参考に少しでもなれば幸いです。

私は医師でも栄養士でもありません。普通の主婦が子供の成長を願って調べた結果をまとめています。

野菜ジュースは効果がある?ない?

野菜をなかなか食べない子供の野菜不足を補うために、野菜ジュースを飲ませている方も多いのではないでしょか。

野菜は食べなくても野菜ジュースなら飲むという子供も多いです。

 

しかし野菜ジュースを飲みすぎると、カロテンの過剰摂取になり、皮膚が黄色くなる(柑皮症)ことがあります。

みかんを食べ過ぎて手が黄色くなってしまうことと同じです。

黄色くなってしまったら、カロテンの過剰摂取のサインなので、飲ませる量が多かったということです。

 

また野菜ジュースには、たとえ食塩・砂糖不使用のものでも、果物に含まれる糖分が多いため、子供にとっては糖分の摂りすぎになる危険性もあります。

野菜ジュースを選ぶときには果物が多くなく、野菜が多いジュースがおすすめです。

 

個人的には野菜ジュースは野菜ではなくジュース。

野菜とは別物だと考えたほうがいいと思います。

なので積極的に飲ませるのではなく、ジュースとしてたまにあげたり、今日は野菜全然採れていないという時の気休め程度にあげたほうがいいかな。

 

  • 砂糖・食塩が加わっていない無添加の野菜ジュースを選ぶ
  • 果物の量が多くない野菜ジュース、もしくは野菜100%の野菜ジュースを選ぶ
  • 野菜ジュースは野菜ではない
  • 野菜を食べない日の気休めにはいいかも

青汁は子供でも飲める?

最近では、子供用の青汁も多く販売されています。

手軽に栄養が摂取できるとなると、とても魅力的です。

 

しかし市販されている青汁などの健康飲料を飲む場合は、含まれている栄養素だけでなく、添加物などの体に良くないものが含まれていないかどうかもチェックする必要があると思います。

「安全・安心」「無添加」といっていても、原材料を見てみるとよくわからないものが使われている場合もあります。

子供向けの青汁だと、甘味成分が多く入っているものも多く、商品によっては野菜の栄養よりも糖分の方が多かった・・となることもあるので要注意。

子供に飲ませるものならば、きちんと原材料をみて、本当に子供にとって必要なものかどうかは自分で判断するしかありません。

野菜ジュース同様、きちんと選ぶということが大切だと思います。

 

個人的にはこういった体にいいとされている青汁は結構値段がするので、毎日飲ませてあげようとするとそれなりにお金がかかりそうだな、と思ってしまいます・・。

 

私はたまに、牛乳に青汁を混ぜて飲ませています。

ちなみに子供用の青汁ではなく、普通の青汁です。

1袋は多いと思っているので、1袋を子供2人もしくは私含めて3人で分けています。

牛乳や豆乳

牛乳や豆乳なら体によさそう!

私の子供も牛乳が大好きです。

しかし、牛乳や豆乳について調べていると決していいことばかりではありませんでした・・。

 

意外にもネットで調べると牛乳の悪口がいっぱい出てきます。

ならば豆乳は?と思って調べると、子供に豆乳を飲ませるのはあまり推奨されていないよう。

牛乳・豆乳反対派の意見を簡単にまとめますと、

  • 牛乳に含まれているリンがカルシウムの吸収を阻害する
  • カルシウムを体内に吸収するためのマグネシウムが牛乳にほどんど含まれていない
  • 子供に関して、日常に摂取する大豆イソフラボン以上に豆乳などで上乗せして大豆イソフラボンを摂取することへの影響が、現時点で科学的に明らかになっていないため、推奨はしていない

これらはほんの一部で調べると多くの情報が飛び交っていました。

詳しくはこちらの記事にまとめましたので、気になる方はご覧ください。

手作りジュース

手作りなら余計な添加物が入っていないので子供にあたえても安心!

ジュースに入れるものは自分で選べますしね( *´艸`)

頻繁に作るとなると面倒です。

しかも失敗したおいしくないジュースだと子供は全く飲んでくれません( ;∀;)

 

私は時間がある時は手作りジュースを作っています。

甘麹を手作りしているので、甘麹を使ったスムージーやホットドリンクを作ることが多いです。

 

またハンドブレンダーを持っているので、手軽に手作りジュースが作れます。

子供のうちはお茶か水が1番おすすめ

野菜ジュースや青汁は商品をしっかり選べば子供の成長の助けになると思いますが、やはり飲ませすぎ注意。

子供の成長のために毎日飲ませるというよりは、お楽しみ感覚でジュース替わりに飲ませる方がいいのかなと思いました。

 

今回、子供に毎日飲ませてあげたい飲み物について調べてきましたが、結局は子供のうちはお茶か水が一番というのが私の結論です。

何かを健康のために毎日飲ませることよりも、子供のうちはお茶や水をしっかり飲めるようにすることが大切だと思います。

ふゆ
ふゆ
野菜ジュースや牛乳ばかり飲みたがって、お茶や水を嫌う子になったら困る!

 

お茶にもいろいろな種類がありますが、個人的におススメなのは麦茶

カフェインも含まれていませんし、意外と多くの健康効果があります。

  • 血液をサラサラにしてくれる
  • 胃に優しい(胃の粘膜を守ってくれる)
  • 抗酸化作用で生活習慣病の予防が期待できる
  • 虫歯予防

などなど。

そして何より低価格。

 

特に注意する点は体を冷やす作用があるので、あまり冷たい状態で飲みすぎないこと。

そしてあまり日持ちがしないので、作りすぎないこと。

 

麦茶は薄めれば赤ちゃんから飲める飲み物ですので、安心して子供に飲ませてあげられますね。

まとめ:1つの飲み物に固執せず、いろいろなものを飲ませたい

結局どんな飲み物にも、メリットデメリットがあり、体に良いという説もあれば体に悪いという説もあって、頻繁に子供に飲ませてあげるとなると迷ってしまいます。

そしてどんな飲み物も飲みすぎは禁物!

大人では適量でも、子供にとっては多すぎることがあるので、要注意ですね。

そして何かの飲み物に固執することなく、その日によって野菜ジュースだったり、牛乳だったり、バリエーションを増やしてあげることで、偏りなく栄養を摂ることが大切だと思いました。

これさえ毎日飲ませておけば、栄養は大丈夫!なんて便利な飲み物はないんだな~と感じました。

結局はバランスが大切ですね。

 

子供の健康を願う気持ちはどの親も共通。

どの飲み物も飲みすぎには注意して、上手に取り入れていきたいですね。

 

私の食に対する考え方

健康のためには”体にいいもの”を食べて”体に悪いもの”は食べたくない。

でも、美味しいものだって食べたい。楽もしたい。

そもそも何が本当に体によくて、何が体に悪いのか、よくわからない。

なので私は楽しみながら、できる範囲で、自分か”体にいい”と思っている食べ物を食生活に取り入れています。

私の食に対する考え方こんにちは、ふゆです。 このブログで食生活に関する記事をよく書くようになったので、ここでは私の食に関する考え方や食生活に取り入れて...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です