家計管理

子供2人の我が家の教育資金の貯め方を紹介!いくら貯める?どうやって貯める?

こんにちは、ふゆです。

 

子供が欲しい!子供ができた!となれば、気になるのは教育資金。

とりわけ大学費用について、不安に思うのではないでしょうか。

私には2人の子供がおり、現在まさに教育資金を貯めている最中です。

 

いくらを目安に貯めればいいの?

どうやって貯めていけばいいの?

今回はこのような疑問をお持ちの方の少しでも参考になるよう、一般的な貯め方パターンに加え、我が家の教育資金の貯め方についてご紹介します。

教育資金(大学費用)の目安

教育資金の中で一番で多くを占めるのは何といっても大学費用。

子供を大学に行かせたいならば、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。

大学の費用は、国公立か私立かによっても大きく変わってきます。

 

平均 国公立 私立文系 私立理系
入学資金 98万 79.7万 95.9万 120.1万
在学資金(1年間) 152.4万 101.3万 149.8万 189.9万
合計(入学資金+在学資金×4年) 707.6万 484.9万 695.1万 879.7万

注:日本政府金融金庫、教育費負担の実態調査結果(29年1月30日発表)より引用作成

 

自宅から通えない場合、上記の学費費用にプラスして仕送りの費用もかかってきます。

 

平均707.6万円もかかるなんて!

子供2人の場合は、倍で約1400万円!???

 

大学進学には本当にお金がかかりますよね。

でもこの平均を上げているのは、私立理系に通った場合です。

理系に進学したい場合は国公立を目指す、自宅から通える範囲での大学しか行かせないなど、子供の進学に関して制限を考えておくことも必要だと思います。(本当は好きな大学に行かせてあげたいんですけどね)

 

また、この平均707.6万円というのは大学4年間のトータルの金額です。

大学に入学するであろう18歳の時に、一気に約700万円が必要になるわけではないので、あまり心配にならないでくださいね。

 

入学時にまとめて必要な金額は

入学資金・98万 + 1年間の授業・152.4万 =250.4万円

 

来年の在学資金を考えて400万円ぐらいは確保しておきたいですね。

 

また塾代や部活動費、高校の授業料など、高校在学時でかかっていた費用が浮いてくることになります。

それらを大学費用にあてることができるので、大学費用だけで700万は貯めなくちゃいけない!と必要以上に不安に思う必要はないと思います。

 

子供の進学に関して夫婦で話し合い、共有したうえで、大学までにいくら教育資金を貯めるのか、目標設定をすることをおすすめします。

教育資金(大学費用)の貯め方

では、大学費用はどのようにして貯めていけばいいのでしょうか。

貯め方のパターンをご紹介していきます。

学資保険などの保険を活用する

子供が産まれたらまずは学資保険に入る!というイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際、私も学資保険に加入しており、教育資金の一部にあてる予定です。

学資保険などの保険で貯めるメリットとしては

  • 毎月確実に貯められる
  • 支払った金額より多く給付される商品が多い
  • 契約者である親の死亡時には払い込みが免除される特約がある(学資保険)
  • 税金の控除制度が適用される

などといった点があげられます。

一方デメリットとしては、途中で解約した場合は元本割れをする確率が高い点があげられます。

 

また現在の学資保険は返戻率が悪くなってきています。

加入する際は各保険会社の商品を比較して返戻率が高い商品を選ぶ、毎月確実に支払えるだけの金額だけ加入するといった工夫が必要です。

途中で解約するということだけは、なんとしてでも避けたいところです。

 

また最近では返戻率が悪くなった学資保険に代わる商品として、低解約返戻金型終身保険という商品が人気のようです。

教育資金を貯める保険=学資保険というイメージにとらわれずに、様々な商品を検討するといいでしょう。

学資保険より低解約返戻金型終身保険!?教育資金を貯める方法として徹底比較!こんにちは、ふゆです。 最近、学資保険に入ろうかと思ったら低解約返戻金型終身保険をすすめられた!という声を聞くようになりました。 ...

ジュニアNISAを活用する

ジュニアNISAを活用し、投資で運用して大学費用を貯める方法です。

ジュニアNISAとは、0歳から19歳が対象となり、株式投資や投資信託で出た値上がり益や配当金が年間80万円まで非課税(最長5年間)となる制度です。

通常、投資によって出た利益の約20%は税金で引かれてしまいますが、NISA(ジュニアNISA)では税金を引かれることなく資産運用ができるという点が魅力です。

そして、ジュニアNISAは原則子供が18歳になるまで口座から引き出しすることができません。

途中で引き出してしまうことがないので、大学費用を貯めるために活用しやすいといえるでしょう。

 

ただし、元本割れをする可能性がある投資。

教育資金のすべてをジュニアNISAで貯めていくのではなく、他の貯め方と併用してジュニアNISAを活用することをおすすめします。

学資保険VSジュニアNISA!教育資金を貯めるならどちらがいいの?こんにちは、ふゆです。 子供ができたら、気になるもののひとつに「教育資金」があると思います。 かわいい我が子にはお金では苦労...

児童手当を貯める

児童手当は中学3年生までの子供がいる家庭に支給されます。

児童手当の支給額0歳から3歳未満:15,000円

3歳から小学生:第一子・二子は10,000円、第三子以降は15,000円

中学生:10,000円

しかし児童手当には所得制限があり、限度額以上の所得がある方は、子供の年齢や人数に関わらず一律で5,000円が支給されます。

この所得制限に引っ掛からない家庭の場合、児童手当を全額貯めると約200万円貯めることができます。

 

児童手当の使い道について、厚生労働省が発表した「平成24年児童手当の使途等に係る調査」によると、

1「子どもの教育費等」(44.2%)

2「子どもの生活費」(33.8%)

3「子どもに限定しない家庭の日常生活費」(29.4%)

の順になり、「使い道をまだ決めていない・わからない」は8.3%でした。

厚生労働省「平成24年児童手当の使途等に係る調査」の結果を公表 より引用・参考)

 

約半数の家庭で児童手当は子供の教育費等にあててるとのことでした。(思ったより少ない・・!?)

児童手当を大学資金のために貯金するだけでも約200万円も貯めることができるので、児童手当はきちんと貯めておきたいものですね。

自分で貯金する(定期預金など)

自分で定期預金、積立預金などを利用して貯金していく方法です。

この方法は、自分のペースで貯金ができる一方、貯める意思をきちんと持っていないと、なかなか貯められないという点があります。

この方法をとる場合、子供の名前で口座を作成し、生活費やその他の貯蓄と分けて貯められることをおすすめします。

子供の名前の口座だと、なかなか引き出しづらいですからね。

 

自分で貯金するという方法は、利息がわずかな近年では、保険や投資などの金融商品のようにお金が増えることはありません。

しかし、お金を減らしてしまうこともないので、安全な方法と言えるでしょう。(物価リスクはありますが)

【例】子供2人の我が家の場合

参考になるかわかりませんが、我が家の大学費用の貯め方についてご紹介します。

我が家には0歳と2歳の二人の子供がいます。

高校までは公立、大学もできたら公立で、できなければ自宅から通える私立ならば可という予定にしています。

我が家の貯め方

主な大学費用の貯め方は、学資保険、児童手当、子供名義の口座での貯金です。

 

学資保険には

第一子は満期保険金が100万円と120万円でふたつに分けて加入しています。(夫と私名義で1つずつ)

そのうち100万円の方はすでに一括で払い込み済みです。

 

第二子は満期保険金が120万円のものに加入しています。

 

そのため学資保険で340万円貯められることになります。

ちなみに現在、学資保険で毎月約2万円弱の保険料を支払いをしています。

 

児童手当は子供名義の口座に移し、全額貯金しています。

児童手当の制度に変更がなければ、2人で約400万円貯められる予定です。

 

あとは、親戚などからいただいたお祝い金やお年玉を子供名義の口座に貯めています。

子供が大きくなったら、お年玉のうちの一部は子供に渡す予定で金額も予測できないのですが、2人50万円ぐらいは貯まるかなと予想しています。

 

現在の大学費用として貯めているのは以上です。

学資保険340万円+児童手当400万円=740万円

お祝い金やお年玉をプラスしても790万円

 

国公立でも484.9万円かかるのに、1人しか大学に行かせてあげられないじゃないか!?

私立理系なら879.7万かかるから、1人もいけないじゃないか!?

と思いましたよね、たぶん。

 

でも大丈夫です!

次は私が大丈夫だと思っている理由を紹介しますね。

子供一人につき400万円を最低目標にしている

上記の大学費用の目安のところでも書きましたが、大学入学時に一気にお金が必要になるわけではありません。

そのため、我が家では子供1人につき400万円を18歳までに大学費用として貯蓄することを目標にしています。(2人で800万円)

大学費用以外にも貯蓄はありますし、大学在学中の生活費の一部を学費にあてることもできる(と思う)ので、そのような目標設定にしています。

 

そして高校在学時にかかっていた費用が浮くので、それを大学費用にあてる予定です。

最低ラインとして400万円。それが達成できそうならば、さらに蓄える。そう考えています。

マイホーム資金の貯蓄を優先している

また現在我が家では、マイホーム取得のための貯蓄をしております。

そのためマイホーム取得までは、大学費用の貯金はこのペースで計画しております。

子供の大学進学よりも、マイホームを取得する予定時期の方が早いので、今はマイホーム資金を優先的に貯めています。

学資保険の支払いが10年後に終わる

学資保険は約10年後に支払い終える予定です。

支払いが終了すれば、毎月約2万円が浮くことになります。

 

毎月2万円をその後8年間貯金をすれば、

2万×12ヵ月×8年=192万円

192万円貯めることができます。

 

そうすれば、790万+192万=982万円

目標の1人400万円(2人で800万円)は達成し、私立文系なら行かせてあげられるだけの費用が貯められそうです。

 

しかし10年後は子供も成長し、今よりさらに教育費がかかることになります。

あまりこの2万円を当てにしすぎないようにしなければいけないとも思っています。

まとめ:教育資金は子供が小さいうちから貯め始める!

今回は、大学費用の目安や貯め方についてご紹介してきました。

やっぱり子供を大学に行かせるのは大変ですね。(大学に行かせてくれた親に感謝です)

 

大学にある程度の制限を与えてしまうことは仕方がないことだと思いますが、できるだけ選択肢は広げてあげたいですよね。

そのためにも、子供の教育資金はできるだけ早く貯め始め、長い時間をかけてコツコツと貯めていきたいものです。

 

 

保険ROOMさんのこちらの記事も教育資金を貯めるうえで参考になると思います。

外部リンク⇒学資保険では教育資金が足りないと考える人にとっての対策法を紹介

 

あまり頼りたくはありませんが、知っておいて損はないと思います☟

大学資金が足りない!?それでも大学に行かせたいときの4つの手段こんにちは、ふゆです。 子供には大学に行って欲しいけど、大学資金が足りないかもしれない・・。 それでも大学に行かせたい場合、...

 

家計管理についての記事も書いています☟

【口座の使い分け方】家計管理のコツは貯金する目的別で口座を分けること!こんにちは、ふゆです。 「口座が増えてきたけど使い分け方がわからない」 「そもそも家計管理方法がよくわからない」 ...
【新婚夫婦必見】貯金ができる家計にするためにまず始めにやりたいことこんにちは、ふゆです。 結婚当初、結婚式や新婚旅行で貯金を使い果たした!なんて人も多いのではないでしょうか。 これか...
私はSBI証券で株デビューしました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です