子育て

エルゴ風!子供用ままごと抱っこ紐の作り方

こんにちは、ふゆです。

 

私の娘はぬいぐるみのお世話が大好きで、一緒に寝たり、ご飯をあげたりして遊んでいます。

そこで抱っこ紐作ったら喜んで抱っこしてくれるはず!と思い作ってみました。

私が使っている抱っこ紐はエルゴなので、子供の抱っこ紐もエルゴ風にしてみました。

本記事では私が作った子供が使うおままごと用の抱っこ紐の作り方をご紹介します。

難しくはないのでぜひお子さんにつくってあげてください~!

抱っこ紐の完成品はこちら

裏から見るとこんな感じ。

写真の撮り方が下手ですみません。

ポイントはとにかく簡単につくった点です!

ネットで検索するとサイズ調整のために金具を使ったり、人形やぬいぐるみが固定されるように工夫されている方も多かったのですが、私は面倒だったので、サイズ調整はマジックテープ、その他細かい工夫はありません!笑

作り方は自己流なので、いたらない点がたくさんあると思いますが、自分の子供用ならば十分楽しめます。

エルゴをお持ちの方はそれを見ながらやるとイメージしやすいです!

エルゴ風抱っこ紐の作り方

【材料】

  • 布(できれば2柄)
  • PPテープ(100均で売っています。似たようなものならOK)
  • マジックテープ
  • その他裁縫道具

①布を切る

左側・・肩紐のカバーになるもの×2

中央・・腰回りの布

右側・・ぬいぐるみの背中にあたる布×2

 

肩紐と腰回りの布は半分に折って使います。

背中の布も同じ布で半分に折ってもいいのですが、違う柄のほうが裏表がわかりやすく、子供が使いやすいと思うので、私は違う柄にしました。

 

サイズはお子様とメインで抱っこしたいぬいぐるみのサイズに合わせます。

私の場合は

肩紐・・20×9

腰回り・・35×13

背中・・19×23

です。

少し大きめにしました。

ちなみに子供の服のサイズは80~90です。

②布にアイロンをかける

アイロンがけって面倒ですが、出来上がりがきれいになるのと、縫いやすくなるので、省略せずにやることをおすすめします。

 

一通り布にアイロンをかけたあと、肩紐と腰回りの布は半分に折ってアイロンで折り目をつけます。

さらに縫い合わせをきれいにするためにフチを1センチぐらい折ってアイロンで折り目をつけます。

こんな感じです。これが細々していて面倒くさい!でもこれをすると縫いやすくなります。

アイロンがけが終わるとこのようになります。

③肩紐と腰紐を切って用意する

私は100均で買ったPPテープというものを使いました。エルゴの紐と同じような素材です。

サイズは娘に合わせながら少し大きめに切りました。

腰回りの紐、肩掛けの紐、背中で留める用の紐が必要ですね。

左右で同じ長さにするように、切ってくださいね!

 

サイズ調整はマジックテープでします。

本当はもっとかっこよくサイズ調整できるようにしたかったのですが、マジックテープが一番簡単だし、大きくなってからも使ってくれるかはわからないので、私はマジックテープにしました。

マジックテープは最後につけても大丈夫です。

④縫い合わせる

これまた面倒ですが、ミシンで縫う前に紐を仮止めすると、ズレにくくて縫いやすいです。

 

布の中にはキルト綿をいれて厚みを少しだけ出しています。

またエルゴをお持ちの方は、エルゴを見ながら縫い進めていくといいと思います。

背中の部分の布とPPテープを仮止めし、縫い合わせます。

肩紐と背中部分の布を仮止めして縫い合わせます。

腰回りの布にもPPテープをつけて縫い合わせ、最後に背中の部分と腰の部分を縫い合わせます。

 

完成!!

写真ではわかりにくいですが、背中の部分と腰の部分の縫い目を目立たなくするために、上からレースを縫っています。

 まとめ:ままごと抱っこ紐の改善点

紐が長くなりすぎてしまったので、マジックテープを追加して、きつくできるようにしました。

さらに肩紐が落ちてきやすいので、背中で止める紐の部分をもっと上につければよかったと思っています。近々縫いなおそうと思います。

 

改善点はありますが、娘も喜んでぬいぐるみを抱っこくれているので、母は大満足です!

 

参考になりましたでしょうか・・?

わかりにくいところもあると思うので、私流の作り方でよければ気軽にコメントで質問してください!

 

キッチン家電おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です