その他

子育て中でも合格できた!FP2級合格のためのポイント

こんにちは、ふゆです。

今年1月に受けたFP(ファイナンシャルプランナー)2級の試験に無事合格しました!

よかった~。一安心。

 

私には2歳と0歳の子供がいます。

子育て中はなかなか勉強時間を確保することが難しかったのですが、今回はどのように勉強してきたのかをまとめたいと思います。

そしてFP試験に限らず、子育て中、育休中の資格の取得を目指す方の参考に少しでもなれば、幸いです。

あわせて読みたい
FPを取得してお金に強くなる!私がFPの資格を取ろうと思った理由こんにちは、ふゆです。 私は現在、FP(ファイナンシャルプランナー)の2級を勉強中です。 毎朝早起きして、少しずつ勉強してい...

FP資格を目指したのは約1年前

FP2級を目指したのは昨年の1月。約1年前です。(FP3級は社会人なりたての時に取得していました。)

その時第二子を妊娠中で、第一子の育休と第二子の産休が繋がることになり、なにかスキルアップしたい!と休み続けることに不安を感じていた頃でした。

でも小さな子供がいると、本当に自分の時間ってないんですよね。

でも職場復帰したら、さらに勉強時間を確保することは難しいと思い、1年計画で受験することにしました。

 

正直、1年間あればだいたいの方は合格できます。

子育て中で勉強する時間がないならば、1年計画で1日数分ずつ勉強していく。

もちろん勉強できない日もありましたが、できる日にコツコツを勉強していけば、時間はかかっても合格には近づいていきます。

私の勉強経歴

続いて子育て、出産を経験しながらどのように勉強していったのかをお話します。

①参考書を読む

まずは参考書を読んで、全体像を掴むことから始めました。

ここでポイントは、始めからしっかり読み込まず、ざっと読んでいくこと。

これからこんなことを勉強していくんだな~と思う程度です。

読んでもわからない部分は本当に流し読み。というか、飛ばしながら読んでいました。

 

1日10分程度の勉強時間でしたが、まったく読んでいない日もありました。

子供(第一子)のお昼寝時間を中心に勉強し、無理なく自分のペースで始めました。

②ノートにまとめながら覚えられそうなところから覚える

次に参考書をノートにまとめていきました。

私は学生時代から、自分でノートにまとめることが好きでした。

自分の字で書いたものを見て勉強したほうが、覚えらえるので今回もノートにまとめました。

 

ここでもよくわからないところは飛ばして、覚えられそうなところから覚えていきました。

始めからすべて覚えようとしなくても、自分ができそうなところから覚えていき、少しずつ理解できる範囲を増やしていきました。

 

途中、第二子の出産で、産後1か月はまったく勉強しませんでした。

睡眠時間を確保することで精一杯!

無理はいけませんからね。

産後1か月後、第二子が夜寝てくれるようになって、私の睡眠時間も増えてきた頃に勉強を再開しました。

③問題集、過去問を解く

問題集を購入して、ひたすら問題を解いていきました。

このころ(10月ぐらいから)は朝早く起きて、1日30分~1時間ぐらい勉強していました。(毎日は勉強できていませんが)

 

始めはさっぱり。もちろん全然わかりません。

でも問題を解いて、答えを見て、参考書を見て、まとめたノートを見て・・。

この繰り返しで覚えていくことができます。

 

問題集を一通りしたら、間違えた問題だけまた解いていきます。

それも解き終わったら、またさらに間違えたところだけ解いていく。

3回やれば、だんだんわかるようになってきます。

 

3回解いていくと、いつも間違えるなという部分が出てきます。

そこを集中的にノートに書いて覚えていきました。

 

最後に総合問題(過去問)を時間を計って解いていきました。

また問題集だけでは足りなくなったので、ネットに乗っている過去問も解いていきました。

FP試験のポイント

子育て中だとなかなか資格の学校に通うこともできませんよね。

FP2級なら、独学で十分合格できます!

というより、学校に通う費用がもったいないです!(短期で一発合格したい場合は必要かもしれませんが)

問題集を読み込み、過去問を解くことを繰り返していけば合格できます。

得意分野から覚えていく

FP試験の合格ラインは約6割です。

100点を取る必要はないので、始めからすべて完璧にするぞ!と意気込む必要はないです。

得意分野、覚えやすそうな分野から勉強していき、苦手な分野は後回しにした方がいいと思います。

私の場合、不動産分野が苦手だったので、始めはよく飛ばしていました。

そして問題集を解きながら覚えていきました。

実技試験の計算問題は必ずできるようにする!

実技試験では、税金の計算や不動産分野の計算問題が頻出されます。

始めはもちろんわかりませんが、解説を読んで、計算式をしっかり暗記して、自力で解けるようになるまで、繰り返す必要があります。

幸い、頻出問題が決まっているので、そこは難しくてもマスターするまで学習することが必要です。

参考書・問題集は各1冊で十分!

FP試験は6つの分野に分かれていて、出題範囲は広いかもしれませんが、出題の頻出内容は決まっています。

1つの参考書と問題集をしっかりやりこめば、十分合格できます。

過去問を解いていると、たまに参考書に載っていないことが出題されている場合があります。

でも大丈夫。FP試験は6割取ればいいので、1問や2問ぐらい初めましての問題があっても、なにも心配することはないのです。

 

私が勉強に使用した参考書と問題集はこちらです☟

参考書はカラーで解説もわかりやすく、問題集は過去問から構成されているので、実際の試験レベルで勉強できるのでおすすめです!

私は問題集はこのほかに、ネットで過去問も解きましたが、基本的にはこの参考書と問題集をしっかりやり込めば大丈夫です!

ただし、最新版が発売されているかもしれないので、購入するときは最新版が出ていないかチェックしてくださいね。

子育て中でも勉強時間を確保する

子育て中の勉強時間の確保って本当に大変です。

私が工夫した点といえば、

  • 受験を1年後の長期計画にした
  • 朝早起きして、まとまった時間をとった
  • 家事時間の短縮を行った
  • 子供が起きていてもできる家事は、起きている時間帯にした
  • 2人の子供を同じ時間帯にお昼寝してもらうよう試みた
  • テレビやスマホなどの時間を削った

これぐらいです。

 

試験直前は夫に子供たちを外に連れ出してもらい、時間を計って過去問を解きました。

2時間以上まとまって勉強したのはこの日が初めてでした。

 

大前提として、子供が寝ている時間に勉強するしかありません。

でも子供が寝ている時間は、家事をしなくてはいけません。

勉強時間を確保するためには、家事の時間を減らす工夫をしなくてはいけません。

 

家事時間を減らすために、もしかすると参考になるかもしれません☟

あわせて読みたい
【家事時短テク24選】家事時間を減らして自分の時間を作る!こんにちは、ふゆです。 忙しい主婦(主夫)にとって家事の時間が減らせることは何より嬉しいですよね! 家事時間を減らして、少し...
あわせて読みたい
【家事時短のススメ】家事時間を減らすコツ・方法こんにちは、ふゆです。 皆さまは家事がお好きでしょうか? 私は別に好きではないので、できるだけ家事時間を減らしたいと思ってい...

まとめ

コツコツ勉強していけば、FP2級は決して合格が難しい試験ではありません。

資格を取得したいけど、子育てで時間がないという方も、あきらめずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

POSTED COMMENT

  1. カーボ より:

    ふゆ先生

    FP合格、おめでとうございます!
    資格持ちで金融のプロ、今後は「ふゆ先生」と呼ばせてください。

    実は、僕も色々資格を持ってるんですよ。無線技士、大型2輪免許、サーキット走行ライセンス、書道6級、全て実用性ゼロです(笑

    • fuyu fuyu より:

      カーボさん

      ありがとうございます。
      とんでもありません!まだまだ勉強中の身。
      金融のプロといってもただの事務ですよ~しかも育休でかなりのブランク!
      カーボさんのほうがよっぽど先生ですよ!

      たくさん資格をお持ちなんですね。
      私も活かせてない資格いくつかあります。
      資格って実用性ないかもしれないけどなぜか欲しくなります(笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です