家計管理

学資保険VSジュニアNISA!教育資金を貯めるならどちらがいいの?

こんにちは、ふゆです。

子供ができたら、気になるもののひとつに「教育資金」があると思います。

かわいい我が子にはお金では苦労させたくないもの。親であれば誰しもがこう思うのではないでしょうか。

教育資金を貯める手段として「学資保険」や「ジュニアNISA」という言葉を聞いたことがあると思います。

でもどっちがいいの?どういう人向きなの?と聞いたことがあってもよくわからない人も多いのではないでしょう。

そこで本記事ではFP(ファイナンシャルプランナー)2級で2児の母の私が、学資保険とジュニアNISAの特徴を解説していきます!

学資保険

学資保険とは、子供の大学進学などの教育資金を貯める目的とする保険です。

保険会社によって種類は様々あり、中学や高校入学時にお祝い金としてまとまった給付金をもらえたり、子供のケガや病気の際に給付金がもらえるものもあります。

学資保険のメリット

  • 毎月引落されるため確実に貯められる
  • 控除の対象となる
  • 契約者である親が死亡した際、それ以降の払い込みが免除される払込免除特約があるものが多い。

学資保険のデメリット

  • 途中で解約したら、解約返戻金が払込済金額より少ないことが多い
  • 近年、返戻率が悪くなっているため、大きく増やすことができない

学資保険を利用するなら

イメージとしては学資保険は「守り」です。大学進学の18歳までに、確実に資金を貯めたい!といった場合にいいでしょう。

100%安心だと思われる学資保険でも保険会社が破綻したときなどは100%戻ってくるとは限りません。

でも少なくともジュニアNISAよりは確実性があります。

 

銀行に預けておくだけだと毎月貯められるか心配。元本割れする可能性がある投資は嫌だという人は学資保険も有効な手段でしょう。

今では学資保険の他に、低解約返戻金型終身保険という商品もあるので、学資保険を検討しているならば、一度合わせて低解約返戻金型終身保険も検討してみてください。

学資保険より低解約返戻金型終身保険!?教育資金を貯める方法として徹底比較!こんにちは、ふゆです。 最近、学資保険に入ろうかと思ったら低解約返戻金型終身保険をすすめられた!という声を聞くようになりました。 ...

ただし、基本的にこのような貯蓄型の保険は途中で解約してしまったら損をしてしまいます。

毎月必ず支払える無理のない範囲内で加入することが重要です。

また教育資金を貯める目的で加入するのであれば、返戻率を重視することをおすすめします。

保険会社によって返戻率やプランは様々です。支払期間を短くする、お祝い金などの特約を付けないなど、契約内容次第で返戻率をあげることができるので、契約する前に十分に検討しましょう。

ジュニアNISA

NISAは20歳以上が対象ですが、0歳から19歳が対象となるのがジュニアNISAです。

NISAは株式投資や投資信託で出た値上がり益や配当金が年間120万円まで非課税で、ジュニアNISAでは毎年80万円まで非課税です。

ともに非課税で最長5年間の運用ができます。

ただしNISAとは異なり、原則子供が18歳になるまで口座から引き出しすることができません。

このことからジュニアNISAが教育資金を貯める手段として注目されています。

【ジュニアNISA】子供が20歳になったらどうなるの?こんにちは、ふゆです。 最近ジュニアNISAについて調べています。 我が家の教育資金作りは基本的には、児童手当と学資保険なの...

ジュニアNISAのメリット

  • 大きく増やせる可能性がある
  • 5年間は非課税で利益や配当金が受けられる

ジュニアNISAのデメリット

  • あくまで投資なので、元本割れをしてしまう可能性がある
  • 株式投資や投資信託の知識も多少は必要
  • 18歳まで引き出せない

ジュニアNISAを利用するなら

ジュニアNISAはイメージとしては「攻め」です。うまくいけば資金を増やすことができますが、減らしてしまうリスクもあります。

もともと株や投資信託をしている人には、大きな抵抗もなく始められるかもしれませんが、投資に興味がない人にとってなかなか挑戦しずらいかもしれませんね。

しかし今の時代、銀行に預けていてもなかなかお金は増えず、学資保険も返戻率は下がっています。

多少のリスクがあっても効率的に資金を増やしたい人や投資に興味がある人には向いているでしょう。

今は株主優待という初心者でも興味が持ちやすい制度があり、投資に挑戦する人も増えています。

ジュニアNISAや株主優待をきっかけに投資に挑戦してもいいかもしれませんね。(しかし投資は自己責任でお願いします)

まとめ:学資保険とジュニアNISA、自分に合った方法を選ぼう

学資保険やジュニアNISAについて簡単に説明してきました。結局どっちがいいの?と思うかもしれませんが、どちらもメリットデメリットがあるため一概に言えないのが難しいところ。

個人的には学資保険とジュニアNISAを両方組み合わせて教育資金を貯めていくことをオススメします。

確実に毎月支払える金額で学資保険に入り、ジュニアNISAで少しずつ投資を学びながら運用していく。「学資保険だけ」「ジュニアNISAだけ」ですべての教育資金を貯めるのではなく、守りと攻めを組み合わせて、お互いのデメリットを補いながら貯めていくことも一つの方法です。

いずれの方法にせよ、自分の家庭にあった無理のない方法を選択することが必要です。そのためにもメリットとデメリットをしっかり理解することが教育資金をつくる第一歩となるでしょう。

 

【他にもこんな記事を書いています】

子供2人の我が家の教育資金の貯め方を紹介!いくら貯める?どうやって貯める?

私の教育資金の貯め方を紹介した記事です。私は現在学資保険を活用しています。ジュニアNISAではなくNISAで投資をしているため、投資資金が増えてきたらジュニアNISAも検討する予定です。

子供2人の我が家の教育資金の貯め方を紹介!いくら貯める?どうやって貯める?こんにちは、ふゆです。 子供が欲しい!子供ができた!となれば、気になるのは教育資金。 とりわけ大学費用について、不安...

 

【児童手当の使い道】学資保険やジュニアNISAよりも貯金(定期預金)すべき!

児童手当の使い道についての記事です。私は児童手当に関しては全額貯金すべきと考えています。学資保険やジュニアNISAは生活費から積み立てることをおすすめします。

【児童手当の使い道】学資保険やジュニアNISAよりも貯金(定期預金)すべき!こんにちは、ふゆです。 子供が産まれるともらえる児童手当。 子育てにはお金がかかるので、本当に助かりますよね。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です