家計管理

我が家は保険貧乏。それでも保険を見直さない3つの理由

こんにちは、ふゆです。

家計管理のブログを書いていますが、そういえば私の保険事情をまとめていなかったので、まとめておこうと思います。

 

保険って人によって、必要か不必要か意見が分かれるところですよね。

私の個人的な感覚として、投資をしている人は保険不必要派の人が多いかなという気がします。

 

私はどちらかというと保険は必要派です。

でも我が家は加入しすぎだと思います。保険貧乏!

ここまでは保険に加入しなくてもいいと思う・・

でも私は今のところ、保険を見直す予定はありません。

我が家が加入している保険

我が家は夫、私、子供2人の4人家族です。

現在加入している保険は、

【夫】

  • 終身保険(500万円、月約1万円の支払い)
  • 個人年金保険(約36万円を10年間受け取り、月約1万円の支払い)
  • 医療保険(60歳払込、終身保障、月約5000円の支払い)
  • 傷害保険(傷害死亡時1000万円、入院手術保障あり、月約2000円の支払い)

 

【私】

  • 定期保険(700万円、月約1500円の支払い)
  • 医療保険(60歳払込、終身保障、月約5000円の支払い)

 

【子供】

  • 学資保険(1人目の子、契約者は夫、40万×4年間の給付、保険料支払期間は12年、月約1万の支払い)
  • 学資保険(1人目の子、契約者は私、100万円の給付、一括支払済)
  • 学資保険(2人目の子、契約者は私、20万円×5年の給付、保険料支払期間は10年、月約8000円の支払い)

 

【その他】

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • カード等でつけられる無料の保険

 

これだけあります。

 

実に保険料の支払いだけで月に約5万円もあるのです!

いや~保険貧乏です。

月5万円も引かれるって結構キツイ。

でも今のところ、保険を見直す予定はありません。

保険を見直さない理由①夫の健康状態が悪いから

1年前ぐらいから夫の体調が悪く、もしかしたら私1人で子供を育てなくてはいけないと思うことも何度もありました。(現在はだいぶ回復しているので、そこまでの不安はありません)

そのとき縁起でもないですが、加入している保険をチェックしました。

幸いにも保険金請求をするようなことはありませんでしが、保険に入っているだけで多少なりとも安心感を得られることはできました。

 

保険のありがたみは、健康な時にはなかなか気付きません。

基本的に健康であり続ける人は損をし、病気や不幸があった人は得?をするのが保険です。(得をしても病気や不幸には会いたくないものですが・・)

私は今回の経験から、人はいつ病気になるかわからないし、いつ亡くなってしまうかもわからないということを痛感しました。

 

また、保険って健康な時にしか入れません。

正確には、保険や病気によっては入れるものもありますが、割高になったり、十分な保障でない場合があります。

 

私がよく見る保険では、病気から完治(通院しなくなった)してから3年間は加入しづらいものが多いです。(告知義務があるので)

今後、夫の通院はおそらく続いていくので、現段階では見直すことが困難なのです。

夫の傷害保険とかは解約してもいいかなと思うのですが、今後加入しづらくなることを考えると怖くてなかなか解約できません。

夫の健康状態を考えると、多少入りすぎるぐらいが丁度いいかもしれません。

 

逆に言えば、健康状態がいい人ならば、今のうちに保険を見直したほうがいいと思います。病気になってからだと満足に見直せず、我が家のように身動きが取りづらくなりますからね(*´Д`)

 

保険を見直さない理由②貯蓄性の保険に加入しているから投資ができる

加入している保険のうち、終身保険、個人年金保険、学資保険は貯蓄性の保険です。

今の貯蓄型保険は返戻率がどんどん悪くなっているのでおすすめはあまりできませんが、私の加入した頃は、今より少しはマシでした。

 

投資をしている人は、貯蓄性の高い保険に加入するより、投資信託や債券、株式に投資したほうが利率がいいと思うかもしれません。

私も投資をするようになって、こんなに保険に入らず、投資に回せばよかった~と思うこともあります。

 

しかも貯蓄性の高い保険って、途中解約すると元本割れをしてしまうことがほどんど。

何十年もの保険料支払いを約束する・・・ローンみたいですね。

 

まあ、今のところ問題なく保険料を支払うことができているので、解約するつもりはありません。

今は保険料の支払いが多いけど、あと10年ぐらいで学資保険の支払いが終わります。

それが終わると我が家の保険貧乏も少しは解決できるかな。

 

また私は保険に十分に入っているぞと思うことができるからこそ、余剰資金は投資に回そうと思うことができます。

元々心配性で、損をしたくない性格。

今加入している保険を解約して、もっと投資資金に回すことだってできます。

でも私の場合、保険でも貯蓄しているし、現金貯蓄もしているから、投資に挑戦しようと思えるのです。

保険を解約してまで投資をしたら、株価が気になって気になって仕方がなくなってしまうと思うので、私にはちょうどいいです。

保険を見直さない理由③老後の対策にもなる

保険に加入することで、老後の対策にもなっています。

 

もともと、個人年金保険に加入したのは、夫の仕事が忙しく旅行もろくに行けないだろうから、定年退職したらたくさん旅行にいきたいね、ということで老後の旅行資金の足しにするために加入しました。

ふゆ
ふゆ
体調をこわして今ではその会社も辞めてしまったんですけどね・・

 

また医療保険は60歳で保険料の支払は終了します。

でもその後の保障は一生涯続くので、長生きリスクに対応できます。

老後、お金がなくて十分な治療を受けらないとか、子供に頼るしかないということは避けたいので、今のところ医療保険は続けていくつもりです。

人生100年時代。長生きに備えていきたいと思います。

【2019/7/27追記】

最近ちょっとこの考え方が変わってきていて、私の老後の時には医療も進化してかかりやすい病気も変わって、その分医療保険も変わってくると思います。

そうなると今加入している医療保険では対応しきれないかもしれません。今加入している医療保険よりもいいもの・その時代にあっている医療保険が出てきたら見直しも必要かなと思うようになりました。

 

ちなみに医療保険は高額医療制度があるので不要だという意見も多いですね。

確かにそうだなと思うのですが、やはり病気が長期化したときは、高額医療制度である程度戻ってくるからといっても、結構イタイと思うんですよね。

治療費以外にも食事代や別途費用はかかります。私が入院したら家のことも回らなくなるので、自然と生活費も増えると思うのです。そうなると保険に頼らず貯金だけでやっていけるのかが不安です。

 

また入院して医療保険を使った知人は、病気になって痛かったし苦しかったけど、医療保険が入ってくるから「まぁいいや」と思ったと言っていました。

確かに「保険金がもらえるし頑張ろう!」って私も思いそうだな~とつい納得してしまったので、医療保険は続けようと思いました(笑)

保険って不要?

日本人は保険大好き、保険に入りすぎだと言われています。

私は保険大好き日本人の典型ですね( ;∀;)

 

保険を単純に「金融商品」として捉えるならば、損をする可能性の方が高いので不要かもしれません。

保険金を請求するようなことは確率的にはなかなか起こらないですしね。

家計管理・お金の運用としては決して保険はいい商品ではないのかもしれません。

 

ただ、もしもの時に助けてくれる。家族を守ってくれる。

保険は損得だけでなく、本来はもしもの時のためのものです。

自分の中では必要な支出なんだと思うことができるのであれば、保険も捨てたものじゃないと思います。

自分が必要と思っている保険は必要で、よくわかっていない保険は実は不要かもしれませんね。

まとめ:保険貧乏継続!納得のいく保険に加入しよう

今回は私の保険に対する考え方をまとめました。

あくまで私の考え方です。

 

保険って必要ないなと思っているのに、加入することが一番もったいないと思います。

でも、たとえ他人から見たらもったいなくても、保険に加入していることによって自分の精神状態が安定するのであれば、いいのかなと思います。

自分が必要だと納得して加入する。(くれぐれも保険の営業の方にすすめられた通りに入らない方がいいです!)

保険は大きな買い物なので、慎重にした方がいいと思います。

 

なにはともあれ、保険貧乏な我が家ですが、保険料の支払いも、貯金も、投資も頑張っていきたいと思います!

 

【他にもこんな記事を書いています】

学資保険より低解約返戻金型終身保険!?教育資金を貯める方法として徹底比較!こんにちは、ふゆです。 最近、学資保険に入ろうかと思ったら低解約返戻金型終身保険をすすめられた!という声を聞くようになりました。 ...
【口座の使い分け方】家計管理のコツは貯金する目的別で口座を分けること!こんにちは、ふゆです。 「口座が増えてきたけど使い分け方がわからない」 「そもそも家計管理方法がよくわからない」 ...

POSTED COMMENT

  1. 私は保険不要派です。といってもつい数年前までは迷っていた時期があってずっと共済の医療保険に加入していました。

    私自身は自分の状況が保険不要だと考えているだけで、保険否定派ではありません。やはり状況によっては必要な家族もいると考えています。

    一番ダメだと思うのは自分が加入している保険を理解していないことだと思います。

    ふゆさんの保険があるから投資ができるという考え方もありだと感じます。

    • fuyu fuyu より:

      クロスパールさん、ありがとうございます。
      確かに家族によって保険が必要かどうか、変わってきますよね。
      自分の加入している保険を理解せず、必要なものだとも思っていないのに保険料を払い続けることは本当にもったいないことです。
      私も今は見直しする予定はありませんが、状況が変わったらまた見直しを検討したいと思います。

  2. アバター カーボ より:

    こんばんは。

    私も投資好きは保険不要派が多いような気がします。理由としては、投資好きは数字にうるさいことが多く、リターン(期待値)が大きくマイナス(保険会社が必ず儲かる)である保険は損だと判断しているのではないでしょうか。

    ただ、「必要派」「不要派」と線を引く必要はないでしょう。ふゆさんの仰るとおり、本人(家族)に必要な保険は加入する。不要な保険は加入しない。必要な保険は年齢や環境でも違ってきますし、一般的に必要とされる保険でも、本人が「いらん!」と判断すれば不要です。知人の白バイ隊員で、「俺には(自動車の)任意保険は要らん!」と自賠責のみの輩がいます。驚きましたが、そんなもんです。

    我が家はシンプルな部類と思われ、加入中の保険は僅かです。
    ・自動車任意保険 億単位の賠償金は払えないので
    ・火災保険 不要と思う人は少ないでしょう
    ・健康保険 青天井10割負担のリスクは取れません
    ・個人賠償保険 子供が自転車で老人にぶつかったら・・・
    ・一時払養老保険 被保険者は私、古いので予定利率6.0%。契約内容を見たかーちゃんがニヤけてたような(苦笑

    さて、前置きが長くなりましたが本題です。
    ふゆさん、株はインフレの保険です。黒ちゃんを応援して、もっともっと保険に入りましょう(笑

    • fuyu fuyu より:

      カーボさん、おはようございます。
      ありがとうございます。
      確かに必要派と不要派の線引きは必要ないですね。
      人によって考え方は様々ですし、必要な人は加入して、不要な人は加入しなければいいだけの話です。
      昔の保険の利率は素晴らしいですよね。今の時代はなかなかお宝保険はありません。
      株・・!私ももっとそのインフレの保険に加入したいです!笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です