銀行や保険会社が破綻したら預けていたお金はどうなるの?

こんにちは、ふゆです。

大切なお金を銀行や保険会社に預けている多いですよね。

でももしも銀行は保険会社が破綻したときって、自分の資産は保証されるのか心配になったことはありませんか?

本記事では銀行や保険会社が破綻したとき、どうなるのかまとめていきたいと思います!

銀行が破綻したとき

銀行が破綻したときは、預金保険機構によって運営されている預金保険制度という制度が保護してくれることになっています。

日本国内に本店がある銀行、信用金庫、信用組合、ゆうちょ銀行などの金融機関に預けた預金等は保護の対象です。(政府系金融機関は対象外)

 

とりあえず、一安心です!

 

預金保険制度の対象となる預金は、預貯金、定期積金、元本補てん契約のある金銭信託などです。

一方対象とならない預金は、外貨預金、譲渡性預金、元本補てん契約のない金銭信託などです。

 

また私たち個人が保有している利息のつく普通預金や定期預金は、一人最大1000万円とその利息が保護の対象になります。

利息が付かない当座預金などは決済用預金と言われ、この決済用預金は全額保護されます。

 

保護の範囲などについて詳しくは金融庁のホームページに記載がありましたのでご確認ください。

 

多くの人は利息がつく口座に預けていると思いますが、これらは1000万円までしか保護されません。

また1つの銀行で2つ以上の口座を持っていても、預金者ごとにまとめられ、1口座1000万円までではなく、1人1000万円までです。(名寄せ)

1000万円以上預金があって、不安で分けて管理するのであれば、同じ銀行で違う支店など口座を分けるのではなく、違う銀行に預ける必要があります。

保険会社が破綻したとき

保険会社が破綻したら、どうなるのでしょうか。

保険会社の場合は、保険契約者保護機構という組織が保護してくれます。

国内で営業する生命保険会社、損害保険会社には加入が義務づけられています。(少額短期保険業者や共済は加入義務なし)

自分が契約している保険会社が、保険契約者保護機構に加入しているかは生命保険契約者保護機構損害保険契約者保護機構のホームページで確認ができます。

 

こちらも一安心ですね!!

 

でも、すべての保険で全額保護というわけではありません。

保険契約者保護機構の保護内容は以下の通りです。

生命保険:破綻時点の責任準備金の90%

自賠責保険、地震保険:100%

自動車保険、火災保険、短期傷害保険、海外旅行保険:80%(破綻後3か月は100%

年金払積立傷害保険、その他の疾病・傷害保険:90%

全額とはいかないまでも、大半は保護してくれるようですね。

 

ちなみに私は学資保険や個人年金保険などの貯蓄性のある保険に加入しています。

これらが全額戻ってこないのは結構イタイ・・。

保険で貯蓄していくって、手堅いイメージがあり、リスクがないと思いがちですが、こんな思わぬところにリスクがありました!

短期の保険ならまだしも、長期契約の保険に加入するときは、その保険会社の信用性などについて十分検討したほうがいいですね。

まとめ

銀行や保険会社もきちんと保護してくれる組織・制度が存在するのでとりあえずは安心です!

でもこちらも全額保護されないケースもあるので、銀行・保険会社だから絶対安心だとまでは言えませんね。

何事も100%はない!

何事も自己責任、リスク分散が大切だと思いました。

 

証券会社が破綻した場合はこちらにまとめました☟

証券会社が破綻したら預けたお金や株はどうなるの?こんにちは、ふゆです。 最近、仮想通貨の大手企業から仮想通貨が流失した事件が世間をにぎわせていますね。 ネットの反応を見てみ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です