食生活

「医者が教える食事術」を読んだ感想と実践できそうな事まとめ

こんにちは、ふゆです。

私は健康オタク気質のある2児の母、主婦です。

特に”体にいい食べ物” ”無添加”というワードにアンテナをはり、健康的な食生活を送りたいなと思っております。

 

最近ずっと読みたかった「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」をようやく読みました。

そこで本記事では「医者が教える食事術」を読んだ感想と、我が家の食生活に取り入れられそうなことをまとめました。

「医者が教える食事術」はとても読みやすくて参考になる本でしたよ~!

「医者が教える食事術」を読んだ感想

やっぱり糖質の摂りすぎはよくない。食品添加物も避けたい。

「医者が教える食事術 最強の教科書」での主な主張は、

  • 糖質を摂りすぎないこと
  • 昔に存在しなかった食品(化学物質等)を避け、免疫力を高めること

だと、私は受け取りました。

 

糖質を摂ると血糖値が上がり、血糖値が上がると体は血糖値を下げようとする。この血糖値の急激な上下が体に悪いようです。

糖質は最近は太る原因だとか、病気の原因だとか言われていたので、「やっぱりな~」という感じ。

血糖値の急激な上下が体に悪いことも、この本を読めば理解はできました。

 

化学物質などの食品添加物が体に悪いことも納得です。

昔に比べて食は豊かになったけど、添加物が溢れている今の時代では、昔にはなかった糖尿病などの現代病・文明病を引き起こすリスクが高まるんだな~・・

やっぱり添加物がたっぷりの加工品はなるべく避けたほうがいいんだな~と思いました。

いよいよ食べるものがなくなってきた

「医者が教える食事術」を読んでいると、体にいい食べ物・体に悪い食べ物が具体的に紹介されています。

とても参考になるし、実践したいな~とも思うのですが、

 

いよいよ、食べるものがなくなってきたぞ!!

という印象(笑)

 

というのも、糖質の摂りすぎがよくない時点で

  • ごはん・パン・麺類
  • イモ類・根菜類
  • フルーツ

はほどほどに・・をされている。

もちろん砂糖たっぷりのお菓子、ジュース、缶コーヒーも健康的にはNG。

添加物の摂取もよくないので、加工品などにも頼りにくい。

 

働いて育児をしながらご飯を作る身としては、お腹が満たされる炭水化物は強い味方。丼ぶり物とかカレーライスとかは作るのが楽なので、重宝したくなる。

またイモ類は子供が好きな野菜。オーブンに入れて焼き芋を作ったり、炊飯器に入れてじゃがいもを蒸したり。とても調理が楽。

根菜類も子供が比較的食べられる野菜。料理に多用しています。

夏はトウモロコシをレンジでチンしてよく食べているのですが、トウモロコシにも糖質が多いそう・・。

そして子供たちはフルーツ大好き!

 

・・糖質ばっかり!(笑)

 

「医者が教える食事術」では葉物野菜を推奨しているけど、葉物野菜は高いし、子供食べないし、お腹ふくれない・・。

同じく豆類も推奨していて、豆は好きだからたくさん食べようと思うのですが、それだけではお腹がふくれない・・。

 

お腹がふくれるものは、糖質がたくさん入ってるってことなのかな!??

健康を気にして本を読んだり、情報を集めていると、いよいよ食べるものがなくなってきました(笑)

我が家で実践できそうな事まとめ

「医者が教える食事術 最強の教科書」で紹介されていたものの中で、我が家で取り入れられそうなことをまとめいきます。

こういう健康食事本ってすべて実践したほうが健康効果はあると思うのですが、無理をするとかえってストレスになったりすると思うので、私は取り入れられそうなものだけ取り入れることにしています。

積極的に摂取したい食べ物

「医者が教える食事術」には体にいい食べ物も具体的に紹介されていました。

その中でも私が好きなもの、料理で取り入れやすそうなものはこちら☟

  • オリーブオイル(エクストラバージンオリーブオイル)
  • お酢
  • ブルーベリー
  • 大豆(豆類、大豆製品)
  • 海藻
  • きのこ類

特にオリーブオイルは血糖値の上昇を抑えられるらしく、本著で特に推奨されていたような印象です。

あとは大豆も完璧な食べ物と記されており、健康を考えるうえで100点満点なんだとか!

最近私は納豆にオリーブオイルをプラスして食べています。健康的だな(^^♪

ブルーベリーは朝、ヨーグルトに入れて食べています。

 

また大好きだけど、頻繁に摂取は難しいなと思ったものはこちら☟

  • チョコレート(カカオ70%以上のもの)
  • ワイン
  • コーヒー(挽きたてのブラック)

カカオは体にいいらしく、目安としてカカオ70%以上のチョコレートなら少量たしなむのはOKだそう。苦いチョコは好きだけど、カカオ70%以上のチョコってちょっとお高い。お財布と相談です。

 

ワインも大好きだけど、子供がいるからなかなかお酒を飲む機会がない・・。機会があれば、飲みすぎない程度に楽しみたいと思います。

 

挽き立てブラックコーヒーも大好きだけど、カフェとかコンビニとかあまり行かないし・・。ハンドミルを持っているぐらいコーヒー好きだけど、家だとゆっくりコーヒーを入れる時間があまりない・・。

でも休日の朝、たまにはゆっくりコーヒーを挽くのもアリかな(^^♪

 

その他、私にはあまり向かないけど、「医師が教える食事術」でおすすめされていた食べ物の一部をご紹介しますと・・

  • ナッツ類
  • チーズ(ナチュラルチーズ)
  • 生もの

などがありました。

ナッツ類は体にいいらしいのですが、どうも好きではない・・高いですしね。

避けたい食べ物

「医者が教える食事術」では避けたほうがいい食べ物の紹介もされていました。

私も摂取を控えたいなと思った食べ物はこちら☟

  • 砂糖(人工甘味料)
  • 食品添加物
  • 加工肉(ハムやソーセージなど)
  • ポテトチップス
  • 菓子パン
  • 缶コーヒーや清涼飲料水、ジュース

「う~んやっぱり、体に悪いよね」というものばかり。

 

たまには食べたいなとは思うのですが、基本的には避けていこうかなと思っています。

 

この他に、牛乳は「医者が教える食事術」でおすすめはされていませんでした。

牛乳は発がん性が疑われる(疑われているだけで確定ではない)食材らしく、牛乳よりは豆乳を推奨していました。

以前私も牛乳について調べたことがあり、ネットで検索すると牛乳の悪口ばかり出てきました(;・∀・)

気になってはいたのですが、我が家では子供たちが牛乳好きということもあり、毎朝牛乳を飲んでいます。

「医者が教える食事術」を読んで、牛乳をやめようとまでは思いませんが、飲みすぎには注意が必要だなと改めて思いました。

 

実践したい食習慣

「医者が教える食事術」では食習慣などの習慣についても書かれていました。

 

なかでも私の印象に残ったものは

  • 食後すぐに運動をする(坂道を歩くといい)
  • ちょこちょこ食べる
  • 満腹になるまで食べない(腹7分目)
  • 医者を選ぶ
  • 健康診断に行く

でした。

 

やっぱりそうだよな~というものが多かったですが、今の自分ができているかというと、できていません(;・∀・)

食べるもの以外にもこういった習慣を身に付けることも健康のためには大切かもしれませんね。

まとめ:無理せずできることから実践

「医者が教える食事術 最強の教科書」にも書かれていたのですが、健康・食に関する常識は時代とともに新事実が発覚していき、常識も変化していきます。

昨日までは体にいいと言われていた食べ物が、急に体に悪い食べ物だったと発覚することもありますし、その逆もあります。

あまり情報に振り回されすぎず、でもいつまでも古い常識に囚われずに、無理をせず取り入れられるものを取り入れていくことが大切だなと思います。

 

今回ご紹介した内容はほんの一部です。他にも為になる情報がたくさん詰まっていました!

「医者が教える食事術」は本としては読みやすく、具体的な食べ物を紹介していますので、健康が気になる方は一度読んでみてもいいかなとおすすめできる本です。

 

 

【他にもこんな記事を書いています】

超一流の食事術とは?読んだ感想と実践できそうな事まとめ

「超一流の食事術」という本を読んだ感想と実践できそうな事をまとめた記事です。私が健康的な食生活を目指すきっかけとなった本です。こちらの本もおすすめです。

超一流の食事術とは?読んだ感想と実践できそうな事まとめこんにちは、ふゆです。 最近読んだ「世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術」の影響を受け、食生活を見直しています。 ...
私の食に対する考え方

健康のためには”体にいいもの”を食べて”体に悪いもの”は食べたくない。

でも、美味しいものだって食べたい。楽もしたい。

そもそも何が本当に体によくて、何が体に悪いのか、よくわからない。

なので私は楽しみながら、できる範囲で、自分か”体にいい”と思っている食べ物を食生活に取り入れています。

私の食に対する考え方こんにちは、ふゆです。 このブログで食生活に関する記事をよく書くようになったので、ここでは私の食に関する考え方や食生活に取り入れて...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です