一生モノの株

一生モノの株を探す旅③長期保有に適した銘柄(業種)とは?

こんにちは、ふゆです。

一生モノの株を探す旅の第三弾!

前回はこびと株10条件について学びました。

一生モノの株を探す旅②こびと株10条件について学ぶこんにちは、ふゆです。 一生モノの株を探す旅の第二弾! 今回はこびと株.comさんのこびと株10条件について学んでいきたいと...

今回は長期保有に適した銘柄(業種)について学んでいきたいと思います。

 

なおこのシリーズではこびと株.comさんのこびと株による投資法を基に、自分なりのこびと株を探して運用していこうというものです。

こびと株について詳しくはこちら⇒こびと株.com

 

株を長期保有にするにあたり、長期保有をしている他の投資家さんたちはどのような銘柄(業種)に注目しているのか、ブログなどを読んで調べてみました。

景気に左右されやすい企業は避ける

長期保有する場合、当然景気が良くなる時期もあれば悪くなる時期もあります。

景気に左右されやすい企業(業種)は、業績も左右されやすくなってしまいます。

 

景気が悪い時期は配当金も抑えられてしまい、減配されてしまうことも予想できます。

そのため長期保有する場合は、景気に左右されやすい企業は避けたほうがよさそうです。

たとえば、自動車関連や鉄鋼関係など。

リーマンショックにも耐えられた実績のある企業は魅力的ですね。

 

また金利や為替の変動によって業績が変わる企業も避けたほうがよさそうです。

これらの要因は企業努力だけではどうにもできませんからね。

たとえば、不動産、金融関連など。自動車関連やその部品を扱った企業もこれにあたります。

そのほかにも、商社は商品の価格相場によって左右されやすいので長期保有には向かないという意見がちらほら。

一生モノ株を探すのは、これらの業種以外のところから探そうと思います。

内需株を狙う

売り上げのほとんどを国内で占める内需株を狙うことで、為替リスクを低くすることができます。

また、日本国以外の世界の景気に左右されにくくなります。

たとえば、外食産業や小売業などです。個人的には身近なので好きな業界です。

 

ただし、グローバル展開をする企業でなければ、今後成長に限りがあるといった意見もありました。日本国内では売上や成長に限界がありますからね。

内需株を狙うならば、これから日本国内での成長が期待されるような企業を狙う必要がありそうです。

ロングセラー商品を持つ企業を狙う

長年消費者から愛されるロングセラー商品を持つ企業は長期的にみて安定しています。

新製品など他の製品の売れ行きが悪くても、ロングセラー商品が安定的な利益をもたらしてくれます。

そのため、安定的に配当金をもたらしてくれることが予想できます。

 

たとえば、日本株で連続増配年数NO1の花王(4452)は「マジックリン」「バブ」など、ロングセラー商品がいくつもあります。

アメリカ株でいえば、コカ・コーラがこれにあたります。

身近な製品でロングセラー商品を探して、企業情報をチェックするといった一生モノの株の探し方も楽しいかもしれませんね。

ストック型ビジネスを狙う

ストック型ビジネスとは、一度契約すれば長期的に売り上げが期待されるビジネスです。

たとえば、携帯会社や電気・ガス会社など。私たちが毎月支払っている固定費にあたるものですね。

これらは一度新規顧客を獲得できれば、比較的長期的に売り上げが期待されるので、業績が安定しやすいという特徴があります。

株価も比較的安定しているようです。

やはり一生モノの株にする銘柄は、安定的な売り上げが期待できるところがいいですよね!

まとめ

今回は長期保有に適した銘柄(業種)について、学んできました。

とりあえず、自動車関連、不動産、金融、商社は一生モノの株の候補から外そうと思います。

個人的には外食産業や小売業がわかりやすくて魅力的ですが、業種が偏ってはいけないので、様々な業種をみていきたいと思います。

 

今回長期保有に適した銘柄について調べていると、ウォーレン・バフェットという投資家が多くのサイトやブログで取り上げられていました。

どうやら、アメリカの長者番付の常連(1位にもなったことがある!)で超有名人のよう。

投資しているのに知らなかった私・・・。

ウォーレン・バフェット氏についてもっ知りたいと思ったので、次回はウォーレン・バフェット氏について学んでいきたいと思います!

やはり投資のプロ中のプロ、偉人に学ぶことも大切ですよね。

一生モノの株を探す旅④投資の神様・バフェットから学ぶこんにちは、ふゆです。 一生モノの株を探す旅シリーズ第4弾です! 第1弾はこちら https://yutorisaif...
私はSBI証券で株デビューしました!

POSTED COMMENT

  1. アバター こびと株 より:

    ふゆさんこんにちは!

    ガッツリ紹介していただいて恐縮です。こうやって紹介してもらえるのは嬉しいですねv

    日本株の場合、頼りになる高配当ETFがないので一生懸命個別株を探していかなければいけないのが大変ですよね(米国株ならHDVとか素晴らしいETFがありますが)。

    でも、こうやって勉強して納得のいく株を積み上げていくのは楽しいです。お互いに頑張っていきましょー!

    • fuyu fuyu より:

      こびと株さま、こんにちは!
      コメントいただき嬉しいです。ありがとうございます。
      勉強していくと米国株もよさそうなので興味が出てきました。興味があることが多くて知識や時間がついていきません!
      株探しは楽しいですね!
      またこびと株.comさんを拝見しつつ、勉強させてもらいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です