旭化成・三菱ケミ・住友化学・三井化学の化学株4社を比較し購入を検討してみた!

こんにちは、ふゆです。

私は少額ですが、高配当株や株主優待株に投資しています。

 

今気になっている化学の会社4社

  • 旭化成(3407)
  • 三菱ケミカルホールディングス(4188)
  • 住友化学(4005)
  • 三井化学(4183)

について、比較して購入を検討してみました!

 

同じく化学系の銘柄が気になっている方の参考に少しでもなれば幸いです。

基本情報&指標で比較する

まずは私がよくチェックする指標等で比べてみました。

旭化成三菱ケミHD住友化学三井化学
株価1206.5826.65012,551
配当利回り3.795.554.784.48
配当性向32.233.630.525.9
株主優待なしなしなしなし
予想PER11.556.9916.377.32
ROE11.112.712.314.3
ROA9.05.66.07.0
自己資本比率53.324.629.836.8
有利子負債450,1472,176,824950,923483,832

※記事作成時点、SBI証券参照

 

★比較してわかったこと★

  • 4社とも高配当だけど、株主優待はなし
  • 自己資本比率、有利子負債から見ると旭化成の財務が一番安定してそう
  • 三菱ケミHDの有利子負債が多い
  • ROEやROAは4社とも高水準
  • 予想PERから見ると、住友化学がちょっと割高

一番安定感があるのは旭化成?

旭化成は同業他社と比べると自己資本比率も高く、有利子負債も低いため財務基盤はよさそうな印象があります。

配当利回りは一番低いですが、近年は順調に増配(もしくは維持)しています。

年度1株当たりの配当(期末)
201011円
201114円
201214円
201317円
201419円
201520円
201624円
201734円
201834円
201936円(予定)

旭化成のHP参照

とってもいい感じの上がり方です!

 

私が個人的に旭化成にいい印象を持っているのは「サランラップ」!

いろいろなサランラップを使ってきましたが、旭化成のサランラップがNO1です!!

ふゆ
ふゆ
サランラップだよ~♪サランラップだよ~♪の歌もパンダもかわいい(^^♪

 

またノーベル化学賞を受賞された吉野彰さんが名誉フェローを務めていらっしゃる旭化成、実績十分、今後の勢いもありそうな気もします。

高配当&割安な三菱ケミHD

総合化学首位に君臨するのが三菱ケミHD。

三菱ケミHDは配当利回りが5%台と高く、割安感もあるため、一見魅力的です。

しかも10万円以下で買えるところも少額投資家の私にとっては有難い。

しかし、有利子負債が同業他社と比べてダントツに多いところが気になるところ。

自己資本比率も一番低いですね。

減配実績がある住友化学と三井化学

住友化学は株価が低いため、これまた嬉しい。

でも予想PERは高めですね。

有利子負債もやや高めで、自己資本比率も低いです。

 

一方、三井化学は株価は私にとってちょっとお高いですが、予想PERは低めですね。

有利子負債は三菱ケミHDや住友化学ほど多くはありませんが、自己資本比率は低めです。

 

私が気になったのは、住友化学は2012年度、三井化学は2013年度の期末配当が0で減配していたこと。

決算短信をみるとどうやら海外要因などで業界的に厳しい年だったようです。

詳細はこちら☟

住友化学の2012年度決算短信

三井化学の2013年度決算短信

多額の当期純損失を計上したという理由だそうですが、私は配当金目的なため、減配実績があるのは痛いかな~・・

でもその後は順調に増配(維持)しているので、回復したという実績もありとも見れるのかな~・・なんて思います。

まとめ:個人的には旭化成が第一候補

旭化成、三菱ケミHD、住友化学、三井化学の化学株4社を比較しましたが、個人的には旭化成が購入の第一候補かな。

旭化成の

  • 自己資本比率が高く、有利子負債が低いという財務安定
  • 順調な増配(維持)という安定した配当
  • 自分が好きな商品(サランラップ)がある

というのは、魅力的です。

 

その次に続くのは三菱ケミHDと住友化学。

三井化学は私にとって株価が高く、そこまで魅力を感じなかったのでとりあえずは購入予定なしです。

 

同業他社で比較してみると違いがわかって面白いな~なんて思いました。

新たに欲しい株があったら、また同業他社比較してみたいと思います( *´艸`)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です