【株初心者向け】株を始めるのはいくらからがいいのか

こんにちは、ふゆです。

株を始めることを決意した人
株を始めることを決意した人
株っていくらぐらいから始めるのがいいのだろう・・?

 

株を始めようとしたとき、次にいくらから始めようか考えますよね。

私は30万円から始め、半年後に20万円資金を追加しました。

私にとってこの金額でよかったのではないかと思っています。

本記事では株を始めるにあたり、自分にあった投資金額の決め方について私の考えをまとめます。

投資歴が浅い私の意見ですが、投資金額を考える参考に少しでもなれば幸いです。

株は余剰資金でやる

「株は余剰資金でやりましょう」

このセリフ、よく聞きませんか?

私も基本的には賛成で、余剰資金でやるべきだと思います。

 

でも余剰資金って何?余裕のある資金?

お金に余裕がないから、株で増やしたいと思っているんだよ!!

って思ってしまいます。

 

よく言われている余剰資金で株をやりましょうということは、

生活費は使わない、近い将来使う予定のあるお金も使わない、といった意味合いで使われていることが多いみたいです。

おおざっぱに言えば、「無理はするな」ということです。(おおざっぱすぎ?)

私は、投資しているお金がすべて無くなったとしても、生活ができる範囲だととらえました。

自分のお金事情を知る

自分の投資金額に迷ったら、まずは自分のお金事情を把握することが大切です。

ちょっと面倒ですが、家計管理の一環にもなるので、一度紙に書いてみるといいです。

私も投資資金を決めるときは、紙に書いて我が家のお金事情を確認して考えました。

 

ざっくりとした数字で構いませんが、収入は少なめに、支出は多めに見積もるといいと思います。

STEP1 今資産がいくらあるか、書き出す

今現在、自分の家にいくらお金があるか、把握していますか?

まずはそこから始めることをおすすめします。

通帳をすべて記帳し、残高を一つの紙に書き出します。(アプリなどで管理されている場合はもちろんそちらでチェックしてもらえれば大丈夫です)

加入している積み立て型の保険など、現金以外の資産も忘れずに書き出してくださいね。

STEP2 毎月の収入と支出を書き出す

次に毎月の収入と支出をざっくりでいいので、書いてみてください。

ボーナスや特別費用(年払保険料、冠婚葬祭費用など)も書き出しましょう。

そして、毎年いくらのペースで貯金できていくのか、計算してみましょう!

STEP3 5年以内に使う予定があるお金を書き出す

続いて、5年以内に使う予定があるお金を書き出します。(3年や7年とかでもいいのですが、とりあえず今回は5年にしました)

車の購入、子供の受験・入学費用、家族旅行の費用など・・

家の購入を考えているときは、頭金にいくらぐらい使いたいかを書きます。

そうすることで、確保しておくべき金額が見えてきます。

STEP4 必要最低限確保しておきたい貯金額について考える

もしも、病気やケガで働けなくなったら・・あまり考えたくはないですが、このような緊急事態に備えておくために、必要最低限の貯金は確保しておかなくてはいけません。

保険や傷病手当金、失業保険などいろいろと制度はありますが、それですべてまかなえるとは限りません。その時は貯金を使うことになります。

一般的に給料の3か月分ぐらいと言われていますが、私は心配性なのでそれ以上の金額はすぐ使えるお金として貯金してあります。

家庭によって、住宅ローンがある、夫婦共働きだからカバーしあえるなど、事情が異なります。

一度最低いくら貯金がないと不安になるか、考えてみてください。

そしてその貯金からは、投資を資金を出さないようにしてくださいね。

STEP5 株に使える資金を考える

STEP1から4までできたら、だいぶ自分のお金事情がわかってきたのではないでしょうか。

自分のお金事情がわかれば、株に回せる金額が考えやすくなります。

たとえば、

「今の資産は少ないけど、毎年の貯金は結構できそうだな。株は10万円からはじめて、毎月3万円ずつ株に回そう」

「5年以内にお金を使う予定があまりないな。毎年貯金もできそうだし、100万円ぐらい株に使ってもよさそうだな」

などなど。お金に関する戦略を考えることができます。

 

ちなみに

<STEP1>現在の資産の合計 + <STEP2>毎年の貯金額×5年 - <STEP3>5年以内に使う金額 

を計算してみてください。

この計算結果が、5年後の資産の目安です。

もしも、マイナスになっていしまったら、貯金額を増やすか、5年以内に使う金額を改めるか、とにかく家計の見直しが必要ですね。

もちろん大まかな概算なので、あくまで目安です。

いくらまでなら勉強代としてあきらめつく?

株に投資してもよさそうな金額がわかったところで、すべて株につぎ込みますか?

私はしませんでした。もともと保守的な考え方ということもありますが、いきなり未知の世界に大金をつぎ込むことは、危険だと考えたからです。

 

ひとつの基準として考えたのは、

もし失敗して資金を失うとしたら、いくらまでなら勉強代だったとしてあきらめがつくかという点でした。

 

私は「何か新しいことを学ぶとして、専門学校に通うとしたら、入学金と1年の授業料は30万円ぐらいかかるかな」と思って、30万円にしました。(特に調べたわけではありませんが・・)

もし100万円失ったとしたら、私はあきらめがつかないですし、立ち直れないです・・。

あとから資金を追加すればいい

なんとなく、いくらから始めようか決められましたでしょうか。

もし迷っているのであれば、少ない金額から始めればいいと思います。

株は3万円以下で買える銘柄もありますし、証券会社によりますが、単元未満株といって1株から買える株もあります。単元未満株であれば数百円あれば買えてしまいます。

私がメインで使用しているSBI証券は1株から取引ができます。

 

少ない金額からはじめて、もっと資金を増やしたくなったら追加すればいいのです。

 

私は株をはじめて半年後、「もっと株をやりたい!」と思い、20万円追加しました。

本当はもっと追加したかったのですが、我が家のお金事情と私の性格から20万円の追加に留めました。

(30年4月追記:その後さらに資金追加しました)

よく考えたら追加すればいいだけなので、少ない金額から始めればいいんですよね。ただし、追加しすぎには注意です!

まとめ:自分にあった投資金額を考えよう

株を始める金額を決めるポイントとしては

  • 自分のお金事情を把握する
  • 必要最低限の貯金額は確保する
  • 失敗したときのことを考えて投資する
  • 迷ったら少額から初めて資金追加を検討する

 

私は以上のことを考えて投資金額を決めました。

その結果、30万円から株をはじめ、その後20万円を追加。50万円あれば、いろいろな株が売買できて、戦略も立てやすく、私にはちょうどいい金額です。

とにかく無理はしないでくださいね!

 

私はネット証券口座開設数NO1のSBI証券でNISA口座を作りました。とりあえず実績のある大きな証券会社よかったので・・( *´艸`)

特に困ることもなく便利に使えています!

 

★SBI証券についてはこちらから見れます☟

SBI証券のHPで詳細をチェックする

 

★SBI証券のiDeCoについてはこちらからどおぞ☟

SBI証券のHPでiDeCoについてチェックする 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です