株主優待のライオン、連続増配の花王!生活用品系株2社を比較してみた

こんにちは、ふゆです。

私は少額ですが、高配当株や株主優待株に投資しています。

 

花王(4452)は単元未満株で3株だけ保有していますが、今気になるのがライオン(4912)。

生活用品を扱う企業は不景気のときにも比較的安定していると思うので、購入を検討しています。

連続増配年数日本NO1の花王をコツコツと購入していった方がいいのか、それともライオンの株主優待を狙うのか・・。

比較して検討してみたので、私と同じく花王とライオンを検討中の方の参考に少しでもなれば幸いです。

基本情報&各種指標を比較する

まずは基本情報と私がよくチェックする指標を比べてみます。

ライオン(4912) 花王(4452)
株価 2,095 8,558
売上高(18年12月/百万円) 349,403 1,508,007
営業利益(同上) 34,196 207,703
配当利回り 1.01% 1.70%
配当性向 29.1% 38.6%
連続増配年数 4期(2019年度予定) 30期(2019年度予定)
株主優待 自社製品の詰め合わせ なし
予想PER 29.02 25.4
ROE 11.0 19.7
ROA 9.1 15.4
有利子負債 2,402 120,880
自己資本比率 54.9% 51.4%

※記事作成時点、SBI証券や各ホームページ参照

生活用品系株って私が勝手に言っているだけで、業種は「化学」です。

 

★ライオンの株主優待の内容についてはこちら⇒ライオンのHP

 

★比較してわかったこと★

  • 株主優待はライオンだけで、花王はない。
  • 売上高からみたら花王とライオンの差は大きい(花王の方が大規模)
  • 配当利回りはどちらも低い
  • ライオンの有利子負債は少ない!
  • 予想PERはどちらも高め
  • どちらも高ROE,高ROA
  • 自己資本比率はどちらもよい
  • 花王は連続増配すごいけど、株価がやっぱり高い・・

ライオン製品と花王の製品を比べてみる

主なライオン製品と花王製品を比べてみます。

★ライオン★

クリニカ、キレイキレイ、バファリン、NANOX、マジカ、ソフラン、トップなど

★花王★

メリーズ、アタック、ビオレ、メリット、バブ、キュキュット、マジックリンなど

主婦目線からライオンと花王の製品を比べてみますと・・・

花王の方がいいかな~なんて思ったりします。

私的オムツの品質NO1は花王のメリーズです。(新生児のときは質重視でメリーズを使っていましたが、今はお値段が安いオムツを使っています・・。)

食器用洗剤もライオンのマジカはイマイチだったので、私はキュキュット派です。(P&Gのジョイが品質的には一番好きだけどキュキュットの方が安い)

でもライオン製品である歯磨き粉のクリニカとハンドソープのキレイキレイは我が家でも愛用しています!

製品を比べてみた印象だと花王の方が有名な製品とか好きな製品が多いかな~という印象。

まぁ有名な商品が多いから花王の方が売上が多いのでしょうが・・。

ふゆ
ふゆ
完全に個人的な意見です。

方針:ライオンは株価が下がるのを待つ、1株ずつたまに買増

ライオンの株主優待は魅力的で有利子負債も少なく、自己資本比率も高いので、購入しても悪くないかな~と思うんですけど

  • PERが高く、割高だし
  • 配当利回り低いし
  • 指標的にも製品的にも花王のほうがよさそうだし

と思うので、とりあえず購入は保留します。

少額投資家の私にとって20万(株価)はデカい!

ライオンの株価が下がるか私の投資金額が増えたら購入しようかな( *´艸`)

 

一方、花王はやっぱり魅力的だな~と思いました。

  • 連続増配年数日本NO1
  • 指標的にも安定(高ROE、高ROA、高自己資本比率)
  • 製品もやっぱり有名なものが多いし、個人的にも好み

ただ、私にとっては株価が高すぎ!!!

なのでSBIネオモバイル証券で1株ずつちょこちょこ買い増ししたいと思います。

ライオンも花王もいいのですが、P&Gやジョンソンエンドジョンソンなど、アメリカの生活用品系株も気になってきました・・。

意外にP&Gに有名な製品があったな~・・(アリエール、ボールド、ファブリーズ、ジョイ、パンパース、SK=Ⅱなど)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です