子育て

時計が読めない年長の子供が読めるようになるまでの記録・やったこと

こんにちは、ふゆです。

私は3姉妹のママで、現在育休中です。

 

長女は今小学1年生なのですが、時計の読み方を覚えたのは年長のころです。

小学校生活では時計を見て行動できるようになったほうがいいと聞いたことがあり、小学校入学準備のひとつとして、時計の読み方をマスターできるように教えていきました。

ふゆ
ふゆ
子供が小学生になって”時計が読めることって大切だな”と感じる場面がよくあるので、年長の時から教えてよかったと思っています!

 

この記事では、年長で時計を読めるようになるためにやったこと、工夫したこと、大変だったことなど、記録していきます。

あくまで我が家の長女の場合で、絶対年長のうちに時計を読めないといけないわけでもありませんが、同じく年長さんのお子さんがいて時計の読み方を教えてあげたいなと思っている方の参考に少しでもなれば、幸いです。

年長の子供が時計を覚えるまでの全体の流れ

長女の場合、時計がわかるようになるまでの流れはこんな感じ。

  1. 子供が時計に興味を持ちだす
  2. ワークでお勉強風に時計の概要を学ぶ
  3. 生活の中に時計(時間)を取り入れる

 

時計を覚えるにあたり、一番重要なことは子供のやる気

子供が時計に興味がないと親がいくら頑張っても、子供にとっては苦痛になってしまうので、子供のやる気は重要だと思います。

STEP1 かわいい時計でやる気を出す!

長女が時計に興味を持ち始めたきっかけの一つは、雑貨屋さんで可愛い時計を見つけたとき。

 

長女「この時計ほしい!」

母(私)「でも長女ちゃん、時計読めないでしょ~。時計読めるように頑張る?」

長女「うん!頑張る!」

※会話うろ覚えなのでイメージです(笑)

 

こんな感じで長女に時計を買いました!

可愛い時計を買ってもらったことにより、時計の読み方を覚えるぞ!というやる気にはつながったと思います。

 

長女に買った時計は300円ぐらいの安いもの。

子供にお気に入りの時計を買ってあげることで、時計への興味は増すと思います★

STEP2 100均のワークなどを活用する

我が家では100均のワークを愛用しております。

ひらがなとかすうじなどのワークと同様に時計のワークもあります。

本屋さんのワークでもいいのですが高いので、100均のワークを買いました。

 

はじめから時計について親が教えるとなると、教え方が難しいと思うので、私はワークを購入し、ワークを一緒に解いていきました。

 

また100均で購入したこの時計盤が大活躍!

ハリがぐるぐる回り、〇分の文字盤もついているので、この時計盤を使ってよく説明していました。

 

他にもノートに私が時計の絵を書いて、子供が答えるということをよくしていました。

こんな感じで・・

自作問題ならタダですし、子供のレベルに合わせて問題を作ることができるのでおすすめです!

ふゆ
ふゆ
自作問題は簡単な問題にして、子供が正解でき、自信をつけられるように心がけていました!

STEP3 生活の中に時計(時間)を取り入れる!

今何時?と聞かれたタイミングがチャンス!

ある程度時計が読めるようになった頃には”何時だと思う?”と聞き返していました。

 

大切なのは、子供が「わかんない・・」となったときのフォロー。

「短い針はどこ?」「長い針はどこ?」といった感じで、ヒントを出しつつ一緒に考えました。

 

また、子供が「もうわかんない!」っとイヤになっている感じがしたら、その時はすっと時間を答えていました。

子供が嫌がっていたら考えさせるのはやめておいた方がいいと思います!

ふゆ
ふゆ
子供のやる気が一番大事★

 

さらに、できるだけ会話で時間を取り入れるように心がけました。

  • 3時になったらおやつを食べよう!
  • 9時には寝るよ、今何時?あと10分で寝る準備してね
  • (公園にて)5時になったら帰るよ

などなど。

 

単に時計が読めるだけでなく、時間に沿って行動できるようになるのが大切だと思うので、時間と行動を意識させるように心がけました!

ちなみに一番効果があったのは「3時になったらおやつね!」です(笑)

おやつの力は偉大ですね★

子供のやる気と親のやる気が大切!

我が家では

  1. 子供が時計に興味を持ちだす(かわいい時計を買う)
  2. ワークでお勉強風に時計の概要を学ぶ
  3. 生活の中に時計(時間)を取り入れる

 

という流れで時計を覚えていきました。

 

やはり一番大切なことは子供のやる気だと思います!

それに加えて、親のやる気も大切!!

子供と一緒にワークをやったり、根気強く教えたり・・。

子供も親も楽しくできたらいいですね♪

進研ゼミのコラショの目覚まし時計がお気に入り

時計を覚えるきっかけになった長女の時計は、壊れてしまいました( ;∀;)

今では進研ゼミ(チャレンジタッチ)でついてきたコラショの時計がお気に入りです!

 

ちょうど1年前の今の時期ぐらい(6,7月)に1年生スタート準備BOXというもので始めました。

動機はコラショの目覚まし時計が欲しい!という不純なものでしたが、小学生に今でも毎日コラショで起きています。

 

コラショ時計のおすすめポイントは

  • ボタンを押せば時間を読み上げてくれる
  • 設定すれば「今は〇時〇分、寝る時間だよ!」と寝る時間を教えてくれたり、寝る1時間前や30分前にも寝る準備をするように声掛けしてくれる
  • 朝、目覚ましで起きられたらコラショが褒めてくれる

などなど・・。

子供が時間を意識できて、今は〇時だから○○をしなきゃ!という行動を促進してくれるのでとってもよいです★

 

チャレンジタッチを始めるきっかけはコラショ時計欲しさでしたが、ちゃんとタブレットでの学習も継続しています!

進研ゼミ小学講座のHPで詳細をチェックする



小学生になった今、時計が読めるようになってよかったと思う

年長の長女が時計が読めるようになったな~と思って数か月が経ち、小学生になりました。

小学生になると、やはり時計が読めるようになることは大切だなと実感する機会がありました。

  • お友達と遊ぶのは〇時までだよ
  • 〇時に迎えに行くね
  • 〇時から習い事だよ
  • 〇時にはおうちにいようね
  • 〇時にはお家を出ないと学校に間に合わないよ

などなど。

今はまだまだ声掛けが必要で、自分で時計を見て行動することまではできません。

でも、時計自体は理解できているので、時計の読み方が全く分からないと大変だったなぁと思います。

 

以上、我が家の長女の時計が読めるようになるまでの記録でした!

ご覧いただき、ありがとうございました( *´艸`)

 

そのほかの子育て関連の投稿です
3人目の子は本当に可愛い!癒しの赤ちゃん【3姉妹ママ】※写真は実子ではありません こんにちは、ふゆです。 昨年、第三子を出産し、現在育休中です。 最近本当に...
5歳の子供でも編み物できる!編機(リリアン風)を手作りしましたこんにちは、ふゆです。 先日、5歳の娘が突如「編み物したい!!」と言い出しました。 ・・編み物!??(*´Д`) ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です