子育て

寝落ち対策はもうしない!子供と一緒に寝て朝から元気になる寝落ちのすすめ

こんにちは、ふゆです。

 

子供の寝かしつけって、大変ですよね。

スッと寝てくれると助かるのに、子供ってなかなか寝ません。なんであんなに元気なんでしょう。

 

そしてかなりの確率で寝落ちしてしまうのは私だけではないはず・・。

今日も寝落ちして、朝まで一緒に寝てしまった!なんてこと、ママ(パパ)なら誰しも経験したことがありますよね。

寝落ちしないように、コーヒーを飲んでみたり、タイマーをかけてみたり、寝落ち対策についていろいろ検索してみたり・・。

私も数ある寝落ち対策をしてみましたが、結局睡魔には勝てませんでした。

 

そこで!!

私は寝落ちしないことをあきらめました!

 

そして、あえて寝落ちをおすすめします!!

子供と一緒に寝て、夜できなかったことを朝にするのです。

 

今、私は子供と一緒に寝る準備をしてから寝ています。

なので早くて8時台、遅くても10時までには就寝しています。

そして朝は5時までに起きています。

 

この子供と一緒に寝る生活、やってみるといいことだらけだったのでご紹介していきます。

寝落ちは体のSOS!

そもそも寝落ちしてしまうということは、体が眠たいよ~寝ようよ~と発信しているということです。

私も子供が寝てから家事をしようとしていた時、夫に起こしてもらったり、タイマーをかけたりして無理やり起きようとしていました。

でも起きたかった時間には起きれず、夜中の変な時間にハッと目が覚めたり、起きたはいいけど体がつらくて家事に身が入りませんでした。

 

そして一度変な時間に起きてしまうと、そのあとなかなか眠れなくなるんですよね。

そうするとかえって寝不足になってしまい、次の日が辛かったです。

 

寝落ちしてしまうということは体のSOS!

一日家事に育児に仕事に疲れているのだから、眠たくなったら寝よう!!

そう割り切って、寝落ちを受け入れると体が楽になりますよ。

子供の寝かしつけにイライラしなくなる

子供って本当になかなか寝ませんよね。

私の場合、子供が寝た後に家事をやろう、自分の趣味の時間にしようと思っていると、子供が寝ないことに対してイライラしてしまいます。

 

(早く寝ないかな~・・まだあれもこれもやらないといけないのに~・・)イライラ

(まだ寝ないぞ~・・)イライラ

「早く寝てー!!」ママ怒る

という悪循環になります。

 

子供と一緒に寝ると決めたことで、寝かしつけに対してのイライラが減りました。

私の子供の場合かもしれませんが、子供って寝たふりをすると比較的に早く寝てくれます。

でも寝たふりをすると間違いなく寝落ちします。

寝落ちOKにしたことで、寝たふり作戦が心置きなく使えることも大きなメリットです!

やりたいことは全部朝にやる!

私は朝は5時前には起きています。

5時と聞くと早いと思いますか?

でも就寝時間は平均9時です。8時間睡眠です。

朝早起きしていても、寝る時間が早いので睡眠時間はたっぷり確保できているのです!

 

子供が起きてくるのはだいたい7時。

それまでの約2時間にやりたいことはすべてやるようにしています。

私の朝は

お弁当作り

家族分の朝ごはんの用意や夜ごはんの下ごしらえ

ブログを書くなど趣味の時間

保育園の準備

こんな感じで過ごしています。

本当はもっと早起きして自分の時間を増やしたいのですが、とりあえず5時起きです。そのうち4時ぐらいに起きるかもしれません。

 

さらに子供と早い時間に就寝し、睡眠時間は確保できているので朝から元気です!

眠いな~という感じではなく、さあやるぞ!と1日で1番やりたいことができるので朝の時間が楽しみで起きられます。

 

ただし予想外に子供が早く起きてきたときは、朝の時間は強制終了です・・。

そればっかりは仕方がないですね。

健康的な生活リズムになった

夜8時以降は寝室にいるので、夜遅くに何かを食べてしまうことはありません。

それだけが原因ではありませんが、寝落ち生活をしてから痩せました。

さらに睡眠時間がたっぷりあるので、お肌の調子もいいです。(お肌のゴールデンタイム?には寝ているので、それもお肌に好影響を与えているかもしれません!)

 

夜になるとさすがに疲れてきますが、日中は以前より元気で活力があると思います。

寝落ちを受け入れることで、健康的な生活リズムを手に入れることができたのです。やっぱり睡眠って大切ですね。

寝落ちのデメリット:夫との2人の時間が確保できない!

私が感じている唯一の寝落ちのデメリットは、夫との2人の時間が確保できないことです。

夫はだいたい12時ぐらいまで起きていて、朝は子供たちと同じ時間に起きてきます。

日中も仕事だったり、帰ってからは子供たちもいたりで、夫婦2人だけの時間が確保しづらいです。

今のところすれ違いを感じることはありませんが、もっと夫との2人の時間を確保したいなと思っています。

 

対策としては

  1. 子供たちが早く寝て私が寝落ちしなかったときは起きてくる(もともと寝る気満々なのでそんな奇跡的な日はまずない)
  2. 休日、子供たちがお昼寝している時間を2人の時間として大切にする
  3. たまに子供を預けてデートする(本当にたまにしかできない)

今のところこれぐらいしかありません。

これは寝落ち生活の課題でもあるので、今後いい解決法を夫婦で探っていこうと思っています。

まとめ:寝落ちは悪いことではない!むしろいいことだ!

いかがでしたか。

寝落ちのメリットをまとめます。

 

寝落ちのメリット

  • 睡眠時間が確保できる
  • 子供の寝かしつけにイライラしなくなる
  • 健康的な生活が送れる
  • 朝から元気になる

 

寝落ちはしてはいけない、寝落ちは悪いことだと思うと「また寝落ちしてしまった~」と自己嫌悪になりがちです。

寝落ちにはこんなにたくさんのメリットがあるのです。

寝落ち対策はやめ、子供と一緒に寝ることで、朝から元気になれますよ!

ぜひお試しください♪

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です