節約

【簡単食費節約方法】冷蔵庫の残り物で一日耐える!買い物に行かないことが一番の節約

こんにちは、ふゆです。

節約しようと思って、まず思いつくものの1つは「食費の節約」ではないでしょうか。

でも家族にはおいしいご飯を食べてほしい。子供がいたらなおさら食事には気を使いたい。

そんな方におすすめ!毎日頑張らなくてもいい節約方法をご紹介します。

名付けて「残り物デー大作戦」!!

意識的に残り物だけでご飯を作る日を作るという、簡単なものです。

冷蔵庫の中をよく探してみよう

「今日は冷蔵庫に何にもない!買い物に行かなきゃ!」

っていう日、ありますよね?

「そんな日はない!常に冷蔵庫に食材は入っている」っていう人は、おそらく食費を節約しなくてもいい恵まれた人か、たくさん買っていている人です。

おそらくこの記事を読んでくださっているということは、前者ではないはず。うまく食材を使い切れていればいいのですが、もし腐らせているのであれば、買う量から考えなくてはいけないですね。

 

話がそれました。冷蔵庫に何もない日があるという前提でお話しましょう。

 

「冷蔵庫に何もない!」こんな日でも、買い物に行かないでください!そして本当に冷蔵庫に何もないのか、よく探してください。

奥のほうに、賞味期限切れ間近のキムチ、使いかけのしめじ、半分だけのたまねぎ、卵が1個だけ残っていませんか?

さらに乾燥わかめや、ツナ缶、コーン缶などなど。探せば一食ぐらい何とかなりそうな気がしませんか?

 

いや、あることはあったけど、これで何作るんだよ・・

そう思うかもしれませんね。でも今の時代、ネットで食材を検索すれば、たくさんのレシピが出てきます。これらを有効活用すればいいんです!

それでも作るものに困ったとき、私はよくチャーハンやパスタにしてしまいます。

あらゆる食材を切ってすべてフライパンへ。そうすれば、立派なご飯のできあがりです!

買い物に行かないことが一番の節約

スーパーのチラシをこまめにチェックしていると、

「今日はこのスーパーが安い!」「明日はここが安いな!」と買い物に行く日が多くなってしまいます。

本当の特売品だけ買えればいいのですが、そこがなかなか難しい。

「あれ?これも安いぞ!」とほかに安い野菜を発見してしまったり、子供にお菓子を買ってとせがまれて、買ってしまったり・・

結局買いすぎてしまって、賞味期限切れのものがあったり、野菜を腐らせて無駄にしてしまった経験ありませんか?

その原因って、必要な分だけ買えていない、買いすぎってことなんです。

 

私は2人目の子供を出産して、買い物に行くことが困難になったため、買い物に行く回数を減らし、徒歩で行ける近所のスーパーだけ行くようになりました。

そこのスーパーは決して安くないスーパーなのですが、不思議とチラシと格闘して、スーパー巡りをしていた時より、食費が抑えられています。

結局、買い物に行かない=何も買わないっていうことなので、一番の節約になるのです。

残り物デーをつくろう!

冷蔵庫の残り物だけでご飯をつくる「残り物デー」をつくることで、食材を無駄にすることがなくなり、結果食費の節約につなげることができます。

 

たまに質素な晩御飯の日があっても私の夫は何も文句は言いません。

私「ごめん今日はこれだけ~」

夫「全然いいよ~十分!」

って言ってくれます。

 

買い物をするときは、次の買い物までに必要最低限の量、少し足りないかなと思うぐらいの量を買うようにしています。野菜は特に、買いすぎに注意しています。

また、残り物デーをつくることで、冷蔵庫の掃除がしやすくなるという嬉しいおまけつきです!

まとめ:無理のない節約をしよう

今回ご紹介した節約方法は、無理がなくできるものではないでしょうか。

残り物デーをつくることによって、買い物に対する意識が変わってきます。結果、買いすぎの防止につながり、食費の節約になります。

もしも今、冷蔵庫に何もなくて買い物に行こうと思っていたら、残り物だけで頑張ってご飯を作ってみてください。意外となんとかなるものですよ!

 

私はSBI証券で株デビューしました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です