子育て

幼児向けおすすめ英語の絵本4選~自宅で簡単に英語教育!~

こんにちは、ふゆです。

子供には英語を話せるようになってほしい!と願う方も多いのではないでしょうか。

私もその一人。

できれば、お金をかけずに英語教育ができたらいいですよね。

 

本記事では自宅で簡単に英語に触れ合わせることができる優れもの!英語の絵本をご紹介します。

 Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

はらぺこあおむしの作者、Eric Carleの絵本です。
BrownBearのほか、RedBirdやYellowDuckなど、様々な色の動物が出てくるので、色と動物の名前に触れ合うことができます。

英文も「What do you see?」「 I see ○○ a looking at me」などといった決まり文句がリズムよく出てきます。(Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?より抜粋)

小さいうちは難しいですが、seeとlookという似た意味の単語が繰り返し出てくるので、この使い分けも学べる絵本ではないかと思います。

はっきりとした色と子供がなじみやすい動物が出てくるので、小さなうちから活用できます。
同じフレーズや簡単な単語が多いので、読みやすい英語の絵本だと思いますが、CD付きのものもあるので便利ですね。

Excuse Me!

「NO,THANK YOU!」「EXCUSE ME!」「 I’M SORRY!」な簡単なフレーズが学べる絵本です。(ExcuseMe!より抜粋)

めくれる仕掛けが付いた絵本で、子供の喜んでめくっています。

私は子供が1歳のころからこの絵本の読み聞かせをしていますが、英語の簡単なやり取りが載っているので、2歳ごろの会話ができるようになった頃にもおすすめです。

Maisy’s Bettime

大人気のメイシーちゃんのシリーズです。

メイシーちゃんが寝るまでのお話なのですが、
「bruses her teeth」「use the toilet」など、簡単な動作が主に学べます。(Maisy’s Bettimeより抜粋)

単語というよりは文章なので、0歳や1歳よりも2歳以降の子供におすすめです。
実際寝る準備をするときに、一緒に絵本で学んだ英語を使いながらお子さんと歯磨きをしたり、トイレに行ったりするのも楽しいですね。

メイシーちゃんシリーズは種類も豊富で他の絵本と比べると安いので、子供がメイシーちゃん好きになったら揃えてあげるのもいいですね。

pat the bunny

鏡がついていたり、においを嗅ぐことができたりと、楽しい仕掛けがたくさんついた絵本です。

英文も短めで簡単なものばかり。例えば「Now YOU pat the bunny」(うさぎさんを触ってみて)という英文と一緒にふわふわのうさぎさんが出てきます。(pat the bunnyより抜粋)

英文と同じ動作ができることで、身に付きやすいと思います。

まとめ:英語の絵本で簡単に英語教育を

今回は英語の絵本をご紹介しました。

今やネットで簡単に英語の絵本が入る時代。

英語教育のきっかけに、英語の絵本からはじめてみてはいかがでしょうか。

 

他にもこんな記事を書いています☟

【0~2歳向け】お金をかけずに子供に英語教育をする方法~自宅で簡単にできる!~こんにちは、ふゆです。 子供には英語を話せるようになってほしい。 そう思っている親御さんも多いのではないでしょうか。 ...
よねづゆうすけの絵本がおもしろい!おすすめ紹介こんにちは、ふゆです。 今回は、おすすめの絵本作家よねづゆうすけさんを紹介します。 よねづさんの絵本はしかけ絵本が中心です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です