為替手数料が安い!SBI証券でアメリカ株を購入するなら住信SBIネット銀行でドル積立がおすすめ

こんにちは、ふゆです。

 

私はSBI証券でNISA口座を開設して株取引をしているのですが、これまで住信SBIネット銀行は開設していませんでした。

最近アメリカ株を購入するようになったので、ドルに交換する頻度も増えてきました。(円決済もできますが、外貨決済のほうが手数料がお得)

 

以前から住信SBIネット銀行の為替手数料は安いらしいと聞いていたのですが、少し前にツイッターで「住信SBIネット銀行のドル積立の手数料が下がった」という情報をキャッチしました!

そこで今回、SBI証券でアメリカ株を購入する目的で、住信SBIネット銀行でドル積立をすることにしたので口座を開設しました。

為替手数料が安いし、使い勝手がいいので、SBI証券でアメリカ株を購入するなら、住信SBIネット銀行のドル積立はおすすめです。

 

今回はおすすめポイントやSBI証券からの住信SBIネット銀行の口座開設方法などをまとめていきます。

住信SBIネット銀行のドル積立の為替手数料が1ドル2銭!

住信SBIネット銀行を開設する理由は、なんといっても為替手数料の安さです。

30年4月2日の改定で1ドルあたり2銭の安さになりました!

(画像:住信SBIネット銀行HP

 

ただしこれは積立外貨のみ

外貨普通預金で単発で交換する場合は1ドル4銭です。

これでも十分安いんですけどね。

ちなみにSBI証券の為替手数料は1ドルあたり25銭です。

 

これから定期的にアメリカ株に投資していこうと思っているので、やはり為替手数料は抑えたいところ。

為替手数料の安い住信SBIネット銀行のドル積立はとても魅力的です!

とっても簡単!SBI証券からの住信SBIネット銀行口座開設方法

SBI証券の口座を持っていれば、書類などを郵送することなく、簡単に住信SBIネット銀行の口座が作れます。

(画像:SBI証券HP)

SBI証券にログインをして、右上らへんにある「銀行」のタグの中にある「銀行口座開設(銀行代理業)」というところから住信SBIネット銀行の口座を開設することができます。

そして説明に沿って規約を読んだり(クリックしたり)必要項目を入力していくだけです!

あとは数時間(数日?)経てば口座開設完了していました。

 

ちなみにSBI証券の口座を持っているとハイブリット預金が選択できます。

私は同時に申し込みしました。

ハイブリット預金とは、SBI証券と連携した円預金です。SBIハイブリッド預金へ預入れたお金は、お客さまのSBI証券口座の買付余力に自動的に反映し、株式や投資信託、債券などの証券取引に利用できます。
住信SBIネット銀行HPより引用)

ハイブリット預金を使うとSBI証券との資金の動きが楽になるのです!

 

その後、住信SBIネット銀行に初回ログインをしてパスワードなどを設定し、口座開設完了です!

後日郵送で認証番号カードが送られてきます。

早速、毎日ドル積立を設定

早速、住信SBIネット銀行で毎日500円ずつのドル積立をすべく、申し込みしました。

(画像:住信SBIネット銀行HP)

 

「毎日」以外にも「毎週」「毎月」など、頻度が選べます。

私は最低金額の500円を毎日積み立てることにしました。

 

この住信SBIネット銀行のドル積立でいいな~と思ったのが、購入上限レートが設定できるところ。

私は1ドル115円以上のときは購入しないように設定しました。

これでドルが急に上がって高い金額で購入する危険性がないので、とてもいいシステムだと思います。

変更も簡単にできそうなので、その時の為替レートを見つつ必要があれば変更しようと思います。

他にも住信SBIネット銀行にはメリットがたくさんある!

住信SBIネット銀行を利用する利点は他にもあります。

  • 証券口座では利息は付かないが、銀行口座では利息が付く(ハイブリット預金だと金利が少しだけいい)
  • SBI証券と住信SBIネット銀行での資金の行き来が便利
  • 目的別口座で貯金がしやすそう
  • ATMでの引き出しがランクに応じて2~15回まで無料(それ以降は1回108円)

なかなか使い勝手のいいネット銀行だと思います。

 

中でも私は現在目的別で口座を分けて貯金をしているので、この目的別口座を利用すればもっと貯めやすくなると思います。

 

詳しくはこちら⇒住信SBIネット銀行HP

 

時間がある時に貯金方法を見直してみたいと思います。

【口座の使い分け方】家計管理のコツは貯金する目的別で口座を分けること!こんにちは、ふゆです。 「口座が増えてきたけど使い分け方がわからない」 「そもそも家計管理方法がよくわからない」 ...

まとめ:SBI証券でアメリカ株をするなら住信ネット銀行のドル積立がおすすめ!

住信SBIネット銀行でドル積立をすることで、低い為替手数料でドルを購入することができるようになりました。

SBI証券でアメリカ株を購入するのであれば、住信SBIネット銀行でのドル積立が為替手数料も安く、使いやすいためおすすめです!

 

正直、アメリカ株ならばマネックス証券のほうが使い勝手はよさそうなのですが、私はNISAをSBI証券で行っているので、NISA枠があるうちはSBI証券でアメリカ株も購入していこうと思っています。

SBI証券のNISA口座なら買付手数料も無料なので、少額でしか買えない私にとってはありがたいです。(マネックス証券のNISAも実質無料みたいです)

 

アメリカ株を購入する体制は整えたので、あとはひたすら購入するのみ!

少しずつ保有株を増やしていきたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です