家計管理

共働きでガッツリ貯めるための家計管理方法とは?共同財布でもストレスが溜まらないコツ

こんにちは、ふゆです。

共働き家庭の皆様は、どのような家計管理をしていますか。

共同財布型、別財布型などなど、いろいろなパターンがあるかと思います。

どのパターンにもメリット・デメリット、向き不向きがありますよね。

 

私はお金をガッツリ貯めたいならば「共同財布型」をおすすめします!

でも共同財布型って別財布型よりお金の自由度がないので、ストレスが溜まりやすいと思います。

そこで本記事では、共働き家庭がガッツリ貯めるためにおすすめの共同財布型にするうえでの心構えやストレスがたまりにくいコツなどをご紹介していきます。

自分の収入=夫婦のお金

ガッツリ貯めたいならば、共同財布型で管理することをおすすめします。

子供がいる家庭には特におすすめ。

 

貯金するためにはまず、現状を知ることが必要です。

毎月いくら収入があり、いくら支出があり、いくら貯金があるのか。

これらを知らなければ、本気の貯金体制は取りづらいものです。

もしも相手の収入や貯金額を知らない場合は、教えてもらうことが貯金できる家計の第一歩です。

 

自分の収入=自分のお金と思っているのではなく、自分の収入=夫婦のお金と思える意識改革が必要です。

もちろん、相手が稼いできてくれたことに感謝を忘れてはいけません。

夫婦二人が共同経営者となって、一つの家庭(家計)を経営していく。

そういった意識があれば、お互い協力的になれると思います。

夫婦で共通の貯金目標を作る

ガッツリ貯金したいのであれば、夫婦で協力することが不可欠です。

どちらか一方だけ、貯金しようとしていては、不満がたまってきてしまいます。

 

お互い協力的になるためにも夫婦で話し合い、共通の貯金目標を決めることが大切です。

たとえば、5年後までに500万円貯める!というように、○年後までに○○円といった具体的な数字を目標にします。

 

さらにいえば、

5年後までにマイホームの頭金として500万円貯める!

家族旅行費用に50万円貯める!

子供の大学進学費用のために400万円貯める!

 

といったように、具体的な使用目的を決めると貯める意欲が湧いてきます。

【口座の使い分け方】家計管理のコツは貯金する目的別で口座を分けること!こんにちは、ふゆです。 「口座が増えてきたけど使い分け方がわからない」 「そもそも家計管理方法がよくわからない」 ...

 

ここで大切なことは、夫婦で話し合って決めるということ。

私はお金は使うために貯金すると考えいます。将来、必要だから貯める。使う目的があるから貯金するのです。

この目標が夫婦で同じであるならば、夫婦で協力して貯金していくことができると思っています。

家計管理自体は得意な方がすればいいと思います。ただし、丸々まかせっきりにせずに、定期的に報告したり、チェックしたり、夫婦二人で見直しすることが必要です。

先取貯金で夫婦の管理外にお金を分ける

お金を貯めたいとき、一番効果がある方法は先取貯金です。

毎月一定額を生活口座とは別口座に移します。

また給料を2つの口座に振り込み指定ができる会社にお勤めの場合は初めから給料振り込みを分けておくことをおすすめします。

そしてその別口座は貯める専門の口座にし、引き出すことのないようにしましょう。

 

先に口座を分けておくことで、夫婦の意思では使えないお金を確保することができるので、自然と貯まります。

相手が使ってしまう心配もありません。(こっそり使われていたらどうしようもありませんが・・)

毎月いくら先取貯金をするかは、夫婦で決めてくださいね。

ストレスを溜めないようにするコツ!

ストレスを溜めない!これって大切ですけど、なかなか難しいことですよね。

貯金したいからといって節約ばかりしていてもストレスが溜まりますし、無駄遣いばかりしてしまって、貯金ができていなくてもストレスが溜まります。

 

私がストレスを溜めないために心掛けていることは、

  • 無理な節約はしない
  • お小遣いは少し多めに確保する

ということ。

無理な節約はしない

節約ばかりしていては、息がつまってしまうので、自分ができることから節約をしています。

たとえば、私はあまり服を買わないので、衣服費は抑えらえます。

お菓子もジュースもあまり欲しいと思わないので、これらの支出は無理なく抑えることができます。

 

一方、普段の食費では安い食材を買おうとはしていますが、無理に節約しようとはしていません。

栄養やおいしさを優先して少し高いものを買ったりもします。

以前はもやしばかり買っていたのですが、もやし料理のレパートリーがなくて買うのをやめました。

いきなり何がなんでも節約するぞ!と意気込むのではなく、自分が節約できそうな項目から節約していくといいと思います。

お小遣いは多めに確保する

また共同財布にしていると、相手の無駄遣いが気になってきます。

でも、自分にとっては無駄でも、相手にとっては無駄ではないかもしれません。

 

自分には必要でも相手には必要ないもの、自分の判断だけで買いたい趣味のものはお小遣いから買うようにしています。

お小遣いが少なく、買いたいものも買えないとなると、ストレスが溜まってしまいます。(もちろん高いものは買えませんが)

お小遣いを少し多めに確保しておくことで、無理なく自分のものを買うことができます

そうすることで、共同財布へのストレスが軽減されていると思います。

まとめ:ガッツリ貯めるためには夫婦で協力しよう

本記事ではガッツリ貯めるための家計管理についてご紹介しました。

私が家計管理において大切だと思うことは、夫婦で話し合うこと、協力しあうこと、同じ目標を持つことです。

これらを実現しやすい家計管理方法が共同財布型だと思います。

貯金の目標が達成できた時は夫婦の絆はより深まり、喜びも倍になるでしょう!

 

他にも家計管理の記事もいくつか書いています☟

【新婚夫婦必見】貯金ができる家計にするためにまず始めにやりたいことこんにちは、ふゆです。 結婚当初、結婚式や新婚旅行で貯金を使い果たした!なんて人も多いのではないでしょうか。 これか...
子供2人の我が家の教育資金の貯め方を紹介!いくら貯める?どうやって貯める?こんにちは、ふゆです。 子供が欲しい!子供ができた!となれば、気になるのは教育資金。 とりわけ大学費用について、不安...
私はSBI証券で株デビューしました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です