株・家計管理

【投資と現金の比率】自分にあった適正比率とは?

こんにちは、ふゆです。

株を始めてから、どんどん株の魅力にはまっていき、銘柄探しをしているともっともっと株が欲しい!と思っています。

でも私が始めた時期が株高で、まだ大きな損をしていないからもっと株が欲しくなっているのだと思います。

始めた時期が不景気で、損ばかりしていたら、株なんてやめてやっぱり現金だ!と思っているはず。

 

ところで株式投資をしている方は、どれぐらいの比率で株などのリスク資産と現金などの無リスク資産を保有しようか悩んだことはありませんか?

私はまさに投資と現金の比率で悩み中。

株はたくさん欲しいけど、たくさん保有して大丈夫かな?という心配もあります。

そこで本記事では、投資と現金の比率について考え、まとめました。

私と同じく投資と現金の比率について、お悩みの方の参考に少しでもなれば、幸いです。

若ければリスクをとっても大丈夫!??

一般的に若いうちはある程度のリスクをとっても大丈夫だと言われています。

それはもしも株価が下がっても回復するのを待つ時間があるからです。

歳をとってから株価が暴落してしまったら、株価が回復するまで生きていられないかもしれません・・。

 

でも私は若いうちは保有資産も少ないし、現金貯金だって十分ないことが多いと思います。

そんな時期にリスク資産である株式をたくさん保有しても大丈夫なのかな?と不安になってしまいます。

資産が少ないうちは現金優先

やはり資産が少ないうちは、現金の確保を最優先すべきだと思います。

まずは十分な貯金体制がとれる家計になることが重要。

毎月貯金ができていないうちから投資を優先していると、暴落時に資産がまったくない・・なんてことになりかねません。

 

もしも病気になって働けなくなった場合でも数か月は生活できるぐらいの現金を確保しておく必要があります。生活防衛費ってやつですね。

投資をするのであれば、貯金できる家計になってきて、生活防衛費も貯められてから、少額投資を始めるといいと思います。

今は月数百円、数千円からでも積立投資ができますし、数十万円まとまった投資資金があれば、十分株式投資はできます。

30万円から株を始めた私の経験談~30万円あれば投資はできる!~こんにちは、ふゆです。 「投資ってお金持ちがするもので、投資資金が少ないとできないんじゃないの!??」 「株を始めて...

資産が増え、近い将来使う予定がないのであれば、投資の割合を増やす

資産が増えてきたり、近い将来使う予定がないのであれば、投資に回す割合を増やしてもいいと思います。

教育資金や住宅購入資金など近い将来使う予定があるのであれば、減らしてしまうリスクがある投資に割合を多く割いては危険です。

投資に失敗したから子供に大学に行かせてあげられない!なんてこと、あってはいけませんからね。

ジュニアNISAなど、子供の教育資金を投資で貯めるための制度などもありますが、個人的には教育資金を貯めるための投資は+αであって、他に最低限の資金を確保できたうえで行う方がいいと思います。

投資は安心して寝られる金額に留める

結局どれだけリスクをとれるかどうかは、個人のメンタルによる部分が大きいと思います。

もしも株価が暴落したときに、株価が気になって気になって寝られない、不安でしょうがないというぐらいの投資をしていたら、精神上よくありませんよね。

もちろん資産が減っていてるのですから、多かれ少なかれショックだし不安にはなると思います。

でも普段の生活が送れないぐらい不安になってしまうのであれば、投資の金額や比率が大きかったのかもしれません。

 

もしも今の投資額が0になっても、生活ができるか。

株価が暴落したときのことも考えておくべきだと思います。

初心者でもできる!株価の暴落に耐えるための3つの対策こんにちは、ふゆです。 投資する身としては、株価の暴落は怖いですよね。 私は投資を始めたばかりなので、株価暴落をまだ...

どんなときも最低限の現金は確保しておくべき

資産の大小に限らず、最低限の現金は必要だと思います。

投資はもしもの時にいくらぐらいになっているかはわかりません。

またジュニアNISAやiDeCoは原則自由に引き出しができませんので、簡単にお金を用意することができませんからね。

 

現金をある程度保有しておくこともメリットは、株価の暴落時に株を買うことができるということもあります。

買付余力を残さずに、常に全力買いしていると、いざ株価の暴落で株の大安売りが始まったときに、現金がなくて満足に買えないということになりかねません。(暴落時に株を買うメンタルがあればの話ですが・・)

なので私はどんなときでも株の買付余力として現金を確保しておくべきだと思います。

我が家の投資:現金の比率は?

我が家の総資産はまだまだ少ないと思います。

そして小さな子供が2人おり、近い将来住宅購入もしくはリフォームを検討しております。

 

そのためあまりリスクをとらずに現金比率を高めにとっています。

投資:現金=20%:80% ぐらいです。

今はまだ投資の割合が20%を超えないようにしています。

年齢はアラサーなので、もっとリスクをとってもいいかもしれませんが、私にはこれぐらいの比率がちょうどいいのかなと思っています。

そもそも私は保守派なので、リスクのある投資をしていること自体、自分で驚きです。

投資は怖い!?それでも株式投資をしたい人のための守り対策【必要以上に恐れなくていい】こんにちは、ふゆです。 私は子供2人と夫と暮らす4人家族のワーキングマザーです。 そんなどこにでもいるようなアラサーママです...

 

住居の問題が片付いて、投資資金が増やせそうだったら増やしていきたいと思っています。

まとめ:自分にあった現金比率を

若いうちは比較的リスクをとってもいいと言われていますが、結局のところ自分の生活スタイル、自分の性格から適正比率を見つけていくしかないですよね。

本記事が少しでも現金比率を考える材料になったならば幸いです。

周りに流されず、自分に合った比率を見つけて、どんなときでも安心して寝られる生活を送りたいものですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です