若いうちから投資を始めたほうがいい4つの理由と注意点

こんにちは、ふゆです。

私は投資を始めてまだ2年目のアラサーです。

投資の世界では年齢的に若い方だと思うのですが、もっと早くから投資にチャレンジすればよかったと思うこともあります。

 

今回は私が若いうちに投資を始めたほうがいいと思う理由と注意点についてまとめます。

なおこの記事は投資を斡旋するものではありません。もしも投資を始めるのであれば、若いうちがいいなと思っている、投資歴の浅い私の個人的な見解です。

また私は現在株式投資しかしていないので、株の話が中心になっています。

若いうちから投資をした方がいい4つの理由

投資って、お金持ちがするものではないの?と思うかもしれません。

それに投資ってなんだか怪しい・・怖いな~と思っている方もいるかもしれません。

 

もちろん怪しい投資もあるのは事実です。

でも株式投資に関して言えば、国もNISAiDeCoなど、制度を充実させて推進しています。

決して怪しくないのです!(この株絶対もうかりますよ~などといった怪しい話はありますが、株式投資の仕組み自体は怪しくありません)

 

しかも株式投資は若いうちから始めたほうがいい!

私がそう思う理由をあげていきます。

ゆっくりと資産運用・形成ができるから

資産を増やそうと思うと、多くの年月が必要です。

短い期間で増やそうと思うと、どうしてもリスクが高くなりがちです。

若いうちから投資をすることで、長期の運用ができ、ゆっくりと資産運用・資産形成をすることができるので、比較的落ち着いて取り組めると思います。

 

また配当金を再投資することで、複利の力で雪だるま式で資産を増やしていくことだってできます。

 

例えば、毎月5000円を年3%の配当金が出る株式に30年間積立投資をしたと仮定します。

(画像:楽天証券の積立かんたんシミュレーション

 

すると30年後には2,913,684円の資産が築けています。

しかし投資をせずに、単純に現金貯金をしていただけの場合は

5000円×12か月×30年間=1,800,000円しかなりません。

金利が0.001%の銀行に預けていた場合でも1,800,269円にしかなりません。(30年かけても269円しか増えていない・・!)

実に預け先を株式にしたか、銀行にしたかの違いで1,113,684円もの差ができるのです!

 

もちろんあくまでリスクが付き物の投資なので、必ずしも年3%の配当金が得られるような運用ができるとは限りません。

しかし銀行に預けた場合と比較したときの、この約1000万円以上の差はかなり大きいと思います。

配当金を再投資する投資法は、運用期間が長くできる若いうちから取り組むことで得られる効果も大きく、長期運用は比較的安定して運用できる投資法なので、若いうちから投資を行うメリットが大きいと思います。

配当金で投資元本を回収できる可能性が高くなるから

先ほども配当金の再投資の絶大な効果のお話をしましたが、配当金で投資元本を回収するという考え方があります。

ただし、値上がり益を考えずに配当金だけで投資元本を回収しようと思うと、何十年もかかります。

 

たとえば配当利回り3%の10万円の株を購入するとしたら、

10万円×0.03=3000円(1年に3000円配当がもらえる)

10万円÷3000円=33.33333・・・

約33年で投資元本が回収できる計算になります。(33年の間に増配・減配などがない前提での計算です)

 

約33年後は配当金で投資元本を回収できているので、株価がどんなに下がろうが、配当金が減ろうが損をすることはありません。

若い段階で投資を始めると、投資元本が回収できる時期が早くなる可能性が高まり、回収後の無リスクで配当金がもらえる期間が長くなるので、この投資法を行いたい場合は早いうちから始めたほうがいいです。

一生モノの株を探す旅①こびと株から学ぶ~配当金って素晴らしい!~こんにちは、ふゆです。 先日、株1年目を振り返りました。 https://yutorisaifu.com/kabu-1yea...

投資に向いていないと思ったら他の方法にシフトできるから

誰でも投資が向いているわけではありません。

投資してみて、自分には向いていないと思う人もいるでしょう。

若いうちの失敗は比較的取り戻しやすいと思います。

若いうちに投資に失敗して、もう投資はしない、節約をひたすら頑張る!と思ってもいいでしょうし、投資はすべてプロに任せようと投資信託で運用するのもいいと思います。

投資はできなかったので、違う副業を始めるのも手です。

 

いつか投資をしよう、してみたいなと思うのであれば、早いうちにチャレンジすることをおすすめします!

資産が増えているであろう年代で投資の経験を活かして運用ができるから

一口に投資と言ってもさまざまな投資法があります。

若いうちから投資を始めることで、多くの成功体験や失敗体験を積むことができるでしょう。

その経験が資産が増えているであろう年代(50代ぐらい?)で活きてくると思います。

 

危ないのが、投資をしたことがない人が退職金で大金を得たからといって、初めて投資をすること。

経験もない人がいきなり大金を運用しようと思っても、失敗する可能性が高まると思います。

時には怪しい投資話に乗ってしまうかもしれません。

 

また投資本などを読んで知識を得るときにも、実際に投資を行っているのといないのでは、情報の吸収力が全く異なります。

若いうちから少しずつ投資に関する知識や経験を積んでいくことが大切です。

注意点:少額から始める

投資をするうえでは、始めは少額で行うことをおすすめします!

若いうちは資産(貯金)が少ない人も多いでしょう。

無理して投資に回すことは危険です!

投資にリスクはつきもの。失敗することも想定しておかなければいけません。

 

また結婚、出産、住宅購入など、お金がかかるイベントが多く待ち受けていると思います。

普段の生活に影響が出ないことはもちろん、これらのイベントに支障が出ない範囲で行ってください。

少額っていくらだろうと思う方は、よろしければこちらも覗いてみてください。

【株初心者向け】株を始めるのはいくらからがいいのかこんにちは、ふゆです。 株を始めようとしたとき、次にいくらから始めようか考えますよね。 私は30万円から始め...

まとめ:投資に興味があるならば若いうちから始めたい

今回は投資を始めるのであれば、若いうちから始めたほうがいい理由と注意点についてまとめました。

何歳が若いのかというのは、基準はそれぞれだと思うのですが、早いうちから少しずつ行ったほうがいいと思います。

残りの人生で今日が一番若い日ですね。

これは投資に限った話ではないかもしれませんが、何事も興味を持った時がはじめ時です!

 

少なくともこの記事に訪問してくださった方は投資に興味があるのだと思います。

投資に全く興味がない、絶対損したくない方は投資をしない方がいいと思います。

投資で資産を増やそうと思うと、それなりに学ばなくてはいけませんし、大なり小なり損をすることもあります。

それでも興味があり、いつか始めようと思っているのであれば、若いうちから始めたほうがいいと思います。

 

私も投資歴は浅いですが、初心者向けの記事も書いています☟

株初心者や株をこれから始める人が気を付けたい注意点まとめこんにちは、ふゆです。 株ってリスクのある世界。ちょっと怖いですよね。 私も実際に株を始める前は、本当に株に手を出し...
【株初心者向け】投資家と投機家の違いを知ろうこんにちは、ふゆです。 いきなりですが「投機家」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。 私は投資を始める前まで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です