【米国株初心者向け】アメリカ株挑戦へのはじめの一歩!日本株との違いまとめ

こんにちは、ふゆです。

アメリカ株に挑戦しようと思い、米ドルを購入して早数日・・。

まだまだアメリカ株について勉強中です。

 

今回はアメリカ株を始めるにあたって、知っておきたい日本株との違いをまとめました。

アメリカ株初心者の私でも理解できる内容だけなので、超初級編です。(初心者というか始めようと勉強中だからまだ初心者でもなくただの未経験者ですが・・)

同じアメリカ株を始めようと検討中の方のお役に立てれば幸いです。

1株から購入できる

アメリカ株には単元という概念がありません。

1株から購入できます。

1株から購入できるからといって数株しか購入しないと、手数料が高くついてしまう場合があるので、注意が必要です。

株価の動向を示す指標

日本株でいう日経平均株価、TOPIXなどの株価の動向を示す指標は、アメリカ株でいうとNYダウ平均S&P500になります。

日経平均株価は東証1部に上場している銘柄のうち代表的な225銘柄の株価を平均したもの。
TOPIX(東証株価指数)は東証1部に上場しているすべての銘柄の時価総額を指数化したもの。

NYダウ(NYダウ工業株30種)

アメリカ経済を代表する30銘柄の平均株価を表した指標です。

日本でいうと日経平均株価と同じようなものです。

株価の平均のため、株価が高い銘柄の影響を受けやすいという特徴があります。

S&P500

ニューヨーク証券取引所とNASDAQ(ナスダック)に上場している銘柄から代表的な500銘柄を対象とし、時価総額を指標化したものです。

日本でいうと時価総額という点で、TOPIXと同じようなものです。

時価総額の大きい銘柄(大型株)に影響を受けやすいのが特徴です。

NYダウに比べると対象としている銘柄数が多いので、リスク分散を重視するのであればS&P500を参考にした方がいいかもしれません。

株主優待がほとんどない!

実は株主優待制度は日本株の特徴。

アメリカ株はまったくないこともないようですが、日本株ほどたくさんありません。

株主優待よりは高配当、連続増配を行っている企業が多いことがアメリカの特徴です。

証券コードが数字ではなくアルファベット

日本株は証券コードといって4桁の数字が銘柄ごとに決まっています。

アメリカ株は数字ではなく、アルファベットで表現されます。

この日本でいう証券コードのことをティッカーをいいます。

 

【例】

AMZN・・Amazon

AAPL・・アップル

JNJ・・JOHNSON&JOHNSON

FB・・フェイスブック

 

桁数が決まっている訳ではありません。

企業名が略されているケースが大半です。

米ドルで購入する

アメリカ株を購入するので当たり前ですが、まずは米ドルに交換しなくてはいけません。

そのため為替について多少の知識がなくてはいけません。

私は為替が苦手なので、以前これだけは知っておこうと思うことをまとめました。

あわせて読みたい
円高?円安?為替ってややこしい!アメリカ株を買う上で最低限抑えたいポイントこんにちは、ふゆです。 先日アメリカ株が欲しいのでドルを買いました! アメリカ株は長期保有を目指すのであれば、魅力的ですから...

アメリカに税金が取られる!けど戻ってくるかも!?

日本株は日本国の税金だけですが、アメリカ株はそれに加え、アメリカの税金がかかってきます。

でも、日本とアメリカで二重で税金を取られることになるので、確定申告すれば外国税額控除を受けることができます。

ただしNISAは日本の税金が非課税なので、二重税ではないということから外国税額控除の対象外になります。

でもNISAで税金が取られるのは配当金のみ。譲渡益は非課税です。

 

実は税金のことがまだよく理解できていないのですが、

普通の口座・・確定申告をすれば、アメリカの税金は戻ってくる。

NISA口座・・日本の税金はかからない。アメリカの税金は戻ってこない。

と思っています。(違ったらご指摘ください!)

 

私はとりあえず、NISA口座でアメリカ株を購入しようと思っているので、税金についての手続きは非課税期間はやらなくていいと思っています。

せっかく配当金をもらっても二重で税金を取られては、手取りが減ってしまいます!

確定申告・外国税額控除については実際経験しながら勉強していくしかないのかな・・と思っています。

 

もう一つ、忘れてはいけないのは為替差益

為替差益がでても税金が取られるので、確定申告が必要になってきます。

私は面倒なので一度米ドルに交換したら、よっぽど利益がある時以外は米ドルのまま持ち続けていようと思っています。(為替手数料もかかりますしね)

まとめ

今回まとめたアメリカ株と日本株の違いはほんの一部です。

とりあえず私はこれぐらいの知識でアメリカ株に挑戦しようと思っています。

私がアメリカ株に挑戦しようと思ったのは、高配当や連続増配をする優良企業が多いからです。

アメリカ株の魅力について、よろしければこちらもどうぞ!

あわせて読みたい
一生モノの株を探す旅⑤アメリカ株は長期保有に適しているか検討してみるこんにちは、ふゆです。 一生モノの株を探す旅第5弾! このシリーズは一生モノの株(長期保有)を探し、配当金目的で保有し続ける...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です