家計管理

【家計管理】年間特別費を把握して、年間貯蓄額を予想する!【我が家の場合】

こんにちは、ふゆです。

私が年初に行っていることは、年間で特別費を予想することです。

 

主婦
主婦
日々節約しているはずなのに、なぜか貯金が貯まらない・・

 

以前の私はこんな風に思っていました。

その原因のひとつは「特別費」を把握していなかったからでした。

この「特別費」結構やっかいなんですよね。なかなか把握できずに、思ったより貯金できていない!なんてことになりがちです。

「なぜかお金が貯まらない」という状況を防ぐためにおすすめなのが、年間で特別費を予想することです!

毎月の家計簿はつけられなくても、年間の特別費の予想は立てたほうが、家計管理しやすいと思うので、私はここ数年予想を立てるようにしています。

なぜ特別費の把握が必要なのか?

特別費とは「毎月はないけれども、たまにある支出」のことをいいます。

食費や住宅費は毎月あるので特別費ではありません。

旅行に行く、結婚式に出る、家電を買い替えるなどは、毎月ではないけれども、たまにある出費(特別費)といえます。

 

例えば、

主婦
主婦
今月は結婚式があったから、予算オーバーか。仕方がない。
主婦
主婦
今月は旅行に行ったから、出費は多め。・・・あれ先月もだ。もしかして毎月予算オーバーしてないか?

なんてことありませんか?

今月は○○があったからいつもより出費が多かった。

でもその○○は形を変えて毎月のようにやってくるのです!!

 

その結果、

主婦
主婦
節約を頑張っている割に、貯金が貯まっていない・・なぜだ・・

なんてことに陥るのです( ;∀;)

 

特別費の厄介なところは把握がしづらいところ。

でもすべてがあらかじめ把握できないわけではありませんよね。

今年は旅行に行きたいな、そろそろ掃除機を買い替えたいなど、あらかじめ予想できるものもある思います。

だから、あらかじめ予想できる特別費は予想しておいて、出費の心構えをすることが大切なのです。

あらかじめ出費がわかっていたら、その分を毎月積立する、あらかじめ貯金を確保しておく、出費が多そうだったら減らそうと考えると、あらゆる対策ができます。

ざっくりでOK!年間の特別費を予想する

では私は実際にどんな感じで年間の特別費を予想しているかといいますと、結構ざっくりです。

 

あくまで予定。予想でOK!一生懸命考えたところでたぶん予想通りにはいきません(笑)なのでざっくり特別費を予想しています。

金額も少ないものを予想するのも大変なので、大きな出費を予想するだけです。

私はだいたい1万円以上の出費がある特別費を把握するようにしています。

 

例えば、2019年我が家の特別費予想はこちらです☟

  • 子供のピアノを購入:20万円
  • 旅行に行きたい!(できれば2回):15万円
  • 自動車保険の年払:7万円
  • 子供の写真を写真館で撮る:3万円
  • 結婚式(今のところ1回):3万円
  • その他:5万円

 

アラワザですが、特別費は予想外のものが出てくるので「その他」として多めに設定しておくと安心です。

 

ちなみに2018年、去年の特別費予想はこちらでした☟

  • 子供の写真を写真館で撮る:3万円
  • 七五三:5万円
  • 保育園準備:2万円

すっかり自動車保険の支払予定を忘れていました!

そして結婚式も3回行ったのに予想していなかった!

七五三は5万円予想していましたが、写真はまだ撮っていないためご祈祷代のみ。

保育園準備も2万円では済まなかった!

しかも昨年末に乾燥機付き洗濯機で約30万円の支出アリ!

・・と甘い予想かつ大外れの予想でした。予想はするけど、当たらない。

それでもいいと思っています。目的は予想を当てる、予定通りに1年を過ごすことではなく、あらかじめ特別費を予想して、出費の心構えをする、対策を練ることなのです( *´艸`)

でもさすがに去年の予想はざっくりすぎたので、今年はもう少しきちんと予想しました(;・∀・)

特別費を予想することで、家計を見直せる!

年間の特別費が予想できたら、どうやって特別費を確保するかを考えます。

私の場合、特別費の支払いの多くはクレジットカードで行うと思うので、クレジットカードの引き落とし口座にあらかじめ年間の特別費予想額を入金しておきます。

あらかじめ確保しておく他、毎月特別費という項目を設定して積立を行うという方法でもいいと思います。

 

今年の我が家の場合は53万円。

ちょっと特別費多めです。

実は始めは旅行費用を20万円までと思っていたのですが、今年は思ったより出費が多そうだったので、旅行予算を15万円に修正しました。できたら2回行きたいとは思っていますが、金額によっては1回にするかもしれません。

このような形で、1年の特別費を考えることによって、多すぎた場合は考えなおすことができます。

特別費を抑えることが難しい場合は、毎月の支出を見直すことだってできます。

「今年は特別な出費が多そうだから節約を頑張ろう!服は買わないぞ!」「このままだと貯金できなさそうだから、固定費でも見直そうかな」と予想を立てることで、家計を見直すきっかけにもなります。

年間支出を予想して、年間貯蓄額を予想する

特別費をある程度把握出来たら、毎月の支出や年収も予想することによって、年間貯蓄額も予想することができます。

 

我が家の場合、

  • 年収(手取り)予想:約400万円
  • 特別費予想:53万円
  • 毎月の支出予想:17万円×12か月

400-53-(17×12)=143万円

143万円の貯蓄予想!

こんな感じでざっくり貯蓄予想が立てられます。

ポイントは、支出を多めに、収入を少なめに見積もることです。

でも、長い1年。たぶん予想通りに貯蓄なんてできません(;・∀・)

きっと把握できない特別費があるはずですしね・・。このざっくり見積もりで見逃している項目があるはずです。

 

でも年間の支出を予想したり、貯蓄額を予想してみることで、お金に関する指針ができると思います。

 

やみくもに節約に励んで「お金が貯まらない!!」と嘆くより、だいたい今年はこれぐらい貯金できたらいいなと目安があるだけで、家計管理もしやすくなるし、家計の見直しもやりやすいと思います。

毎月の家計管理は難しいかもしれませんが、年間でしかもざっくり管理するぐらいなら私でもできるのでやっています(^^)/

まとめ:ざっくりでいいから特別費を予想してみよう

まとめますと、特別費を予想することによって、

  • あらかじめ出費の心構えをする
  • 支出が多そうだったら考えなおす、家計を見直すなどの対策がたてられる
  • なぜか貯金ができない‥という状況を防ぐ

ことができます。

 

特別費を把握するときのポイントは

  • ざっくりでOK
  • 大きな金額だけでOK
  • その他の項目を設けて多めに見積もってしまってもOK

です!

 

家計に関して計画を立てる、予想を立てることは大切だと思います。

行き当たりばったりでお金を使っていては、お金はなかなか貯まりません。

なので、私は年間の特別費をあらかじめ予想して、心構えをしています。

そうすることで「なぜか貯金ができない」ということが防ぎやすいのではないかと思います。

 

POSTED COMMENT

  1. アバター くまさん より:

    うちは月単位の支出額(固定費)をザックリと管理して特別費は計上してないです。
    とは言えそれ以外の経費があることも事実な訳で・・・
    1.自動車保険:8万円くらい/年
    2.固定資産税:8万円くらい/年

    この程度はありますね。車検(毎年じゃないですが)もありますし、日本100名城巡りで2回/年旅行に行くんで(昨年は忙しくて行けませんでしたが)、
    その他もろもろ合わせれば8万円+8万円+16万円他で50万円くらいは出るかな?
    と思っています。

     うちみたいなザックリ派は支出の有無を押さえて頭の中に入れとくだけでも
    少しは違うんだろうなと思ってます。

    • fuyu fuyu より:

      くまさんさま

      そうですね、ざっくりでも支出を把握しておくと気持ち的な問題かもしれませんが、違うと思います(^^♪
      そういえば、今年車検だったかも・・( ;∀;)
      後からどんどん把握できなかった支出が出るものなので、ざっくりでOKだと思っています!

      ふゆ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です